sitemap

パン屋まなびぃ ●石川県・金沢市

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




JR西金沢駅近くの住宅街。
そのお店はガレージの奥にあって、ちょっとわかりづらいのですが、ご心配なく、まんまるおめめのみつばちの看板が、その存在を知らせてくれます。お店の営業は、毎週木・金曜の お昼1時ごろから夜の7時ごろまで。店主の永野さんが、パンを並べてゆったりと待つその間、常連さんとおぼしきお客さんが、いい感じのペースで訪れます。工芸作品のように並ぶパンは、そのたびに、お客さんたちにじっと見つめられ、どこかに養子に行くように引き取られて行きます。ふだんパンを買う時は、みなさんあまり吟味しないと思うのですが、手仕事の感覚が伝わるこの店のパンは、そうやって選びたくなってしまうほど、ひとつひとつのパンの表情が違うのです。


 

 

 

 

 

 


永野さんがひとりで切り盛りするこのお店では、グリーンレーズンから作る天然酵母でパンを作っています。販売当初から守り続ける化学調味料無添加も、お客さんの信頼を得ている理由のひとつです。店頭に並ぶのは、ミルクパン系、スコーン、ベーグル、ワッフル、クルミやチョコなどが入ったりするシンプルパンがそれぞれ3~4種類。食パンもあります。


酵母には、オイルコーティングしてない「グリーンレーズン」を使用。仕上がったパンは、さわやかな香りとほのかな甘みで、レーズン臭が苦手な人にも好評です

 



30
度に設定した発酵機で、まる1日かけて作る酵母。レーズンが浮き上がって泡がブクブクしてきたらできあがり。見よ、この発酵力!

 

 

 

 

 

 

お店の営業は週2回でも、ほかのお店への卸しの仕事があるため、毎週日曜、月曜以外は必ずパンを焼いているという永野さん。営業の日は朝4時から作業開始、そのほかの日もほとんど深夜までの仕込み作業があります。ほんとうに働きものの毎日ですが、それを語る永野さんは、いかにも楽しげ。「好きなことだったら、どんなことも苦労と感じない」。その見本のような暮らしぶりです。

永野さんの自信作でもあり、私が大好きなおすすめはスコーン150円~。特に植物油のベジスコーンはさっぱりとしていながら、サクサクの歯ごたえが効いていて、クセになるおいしさです。





oi-pan
も大ファンのスコーン。左からバターを使ったプレーンスコーン、ベジスコーンのクルミとオレンジ、チョコバナナ



 

 

左側4つがシンプルパン。右のふたつがベーグル。こちらは噛むほどに深まる味わいが魅力です

 



店頭では、オーガニックのスパイスやフェアトレードのチョコレート、永野さんのおかあさんのハンドメイドのエコタワシも販売されていて、環境や健康への思いもさりげなくうかがえます。「でも、なかなか、週2回の営業時間に行けなくて」という人も大丈夫。「まなびぃ」のパンは、野々市の「自然食料品店 のっぽくん」で毎週火曜と土曜、金沢市の「リネンと雑貨のお店 f.i.e * flax」で毎月第2・4木曜に買えます。お近くのほうへ立ち寄ってみて下さい →*詳しくは「まなびぃ」のブログ

●ぱんやまなびぃ

石川県金沢市糸田新町16-15
TEL/FAX 076-244-8241
営業は毎週木・金曜の13時~19時
http://manabee.cocolog-nifty.com/