sitemap

昨日、石川県野々市町のコミュニティFM局、えふえむ・エヌ・ワンに、
oi-panが出演しました :oops:
番組は、本サイト「パン好きstory」第1回めゲスト、上坂さん
「上坂典子のワンダフルライフ」です。


 

 

 

 

平成10年(1998)7月にスタートしたこの番組が、
今年4月から曜日・時間帯を変えて、リニューアルすることになり、
なんと、その最終回の記念すべきゲストとして呼んでいただいたんです!!

というのも、番組開始時から長期間続いた
「焼きたてパンパンパン」という人気コーナーがあり、
※上坂さんが趣味と実益をかねて企画し、情熱を注ぎこんだコーナー :-D

思い出深いその企画にちなんで、
パン好き話で最後に楽しく盛り上がりましょう!
ということになったのです。

人に話を聞きはしますが、しゃべりがめっちゃ苦手なoi-panは、
当初、迷ったのですが
「えーい!上坂さんのリビングにお邪魔するようなつもりで、
すべてをゆだねよう」と出演を決意(←すっごい、覚悟です 8-O )。

そんな私のために、上坂さんはきっちりと台本を用意してくださいました。

リクエスト2曲を、とのことだったので、
「アンパンマンのマーチ」(パンつながり)と
ケルティック・ウーマンの
You Raise Me Up
(トリノオリンピックで金メダルをとった荒川静香のエキジビションの曲。
被災者の心を励ますという思いで)
をセレクト。

本番は・・・
いや~気づいたら、終わってたという感じです :roll:
上坂さんのとってもリラックスしたお顔を見てると、
こちらも和んできて、
ほんとに”上坂リビング”に招かれたようなひとときでした。


上坂さんの巧みなリードのおかげで、
このパンの立ち上げのいきさつ。
トップページのパンステッチについて。
私のパンやパン屋さんへの思いや、これから行ってみたいパンについて、
いろいろお話できたと思います。緊張しましたが、よい経験になりました。
上坂さんのリアル・プロフェッショナルぶりも、しっかり拝見できましたし ;-)

この
「上坂典子のワンダフルライフ」は、
4月2日から土曜12~13時に移動して、スタートします。
上坂さんの温かいトークと、多彩なゲストが楽しめる番組です。
パソコンなら、
インターネットのサイマルラジオで全国どこでも聴けるようになってますので、
ぜひ、アクセスしてみてくださいね :lol:

oi-panもこの難関を越えて、
よい春休みが迎えられそうです(←また、おおげさですかね :mrgreen: )
実は、明日からちょいと関西に行ってきます。
そのレポートもまた、後日お知らせしますね~



今年1月末、石川の加賀温泉郷・山中温泉に、
オープンした「サロン・ド・テ西洋菓子倶楽部 高乃倉」が話題になってます :lol:

温泉街の目抜き通り「ゆげ街道」に出店したのですが、
店舗はまるで、東京の表参道?のようなオシャレ度。
のんびりとした温泉街で、ここだけが連日のお客でごったがえしてます。

1階はケーキとスイーツのショップ。
福井の人気ケーキ店「西洋菓子倶楽部」が本店とあって、
お味のほうはお墨付き!

ショーケースにはおいしそうなケーキがぎっしり

2階のカフェでは、通りを眺めてティータイムが楽しめます。

白を基調にしたスタイリッシュなカフェ
ケーキセットはドリンク+300円(平日)。オリジナルブレンドのコーヒーも美味

ケーキセットは18種のケーキからチョイスできます。

oi-panのおすすめは、山中ロール(画像なくて、ごめんなさい!)
スポンジ生地には、
山中温泉唯一の酒蔵「松浦酒造」さんの仕込み米粉、
石川を代表する加賀棒茶のお店「丸八」さんの加賀棒茶、
クリーム部分には、
石川県産の大納言や和栗を使っていて、
香り高く、しっかりときめ細やかな生地が絶品です。

おみやげ用には、この「番傘」がおすすめ。

お店の看板商品です

これも「丸八」さんの献上加賀棒茶(←とっても高級品!)入りの生地と、
中の小豆入りミルク風味の白あんが、ぴったり合っていて、
まろやかな風味。
小ぶりで和洋折衷の味わいは、年代を問わずに喜ばれそうです。

ほかにも、町歩きしながらほおばれる「お散歩コルネ」(これはエシレバター使ってるのに150円!)
は、これからの行楽シーズンに人気がでそう。

■サロン・ド・テ西洋菓子倶楽部 高乃倉
加賀市山中温泉湯の出町レ23
TEL0761-78-3355
10~19時

 

 

 

新しい店が、新しい風を吹き込んで、
温泉街も進化していく予感。
守るべき部分は守り、
変わらなければいけないところは、
変わっていくべきだと思います。

 

****お知らせ :-D
●このサイトを作って下さったNONOHANAさんが、
サイトをリニューアルされました!!
「この春、新たにサイトを作ろう」「もっと自分らしいサイトに変えたい」と思っている方は、
ぜひご一読を!! →当サイトのリンクからも行けます♪

●本日、夕方から4日間連続で「パン屋さんのお話」をアップします。
ゲストは「あさひ屋ベーカリー」の大石旭さんです。どうぞお楽しみに~




情報通の友人が、とっておきのお店を紹介してくれました。
ほんとなら、誰にも教えたくない、ナイショにしておきたいところを、
パン好きの私のために、そっと案内してくれたんです(ありがと~)。

場所は、金沢にもこんな場所が! というのどかな山里。玄関も素敵です。

店内はナチュラルな雰囲気。10時ごろに伺ったのですが、パンがすでにいっぱいです。

店主の方は、かつて東京の「アフタヌーン・ティー」のカフェでパンを作っていたのだとか。その当時はまだ、女性のパン職人はとても珍しかったそうです

 

シンプルな食事パン、惣菜パン、ベーグル、リュスティックなど種類も豊富。

ベーグルのアップ。おいしそうでしょ!

 

いろいろ迷って買ったパンたちです↓↓↓

ベーグル、ライ麦パン、天然酵母パン、リュスティックなど

 

混雑していなければ、店内でパンを食べることも可能です。

こんな、おこもりルームでいただきました!(利用したい方は事前に予約を)

さりげないインテリアや器も好みです♪

 

この日は、お店の春休みの前日だったせいか、
お客さんがひっきりなし。

なかには、お店に憧れて
「2年間探し続けて、やっと今日来られました」
という人も。

とても満足気な表情に、
思わず共感!!

 

 

 

店内の一角には、こんなふうに注文されたパンがいっぱい並んでいましたよ~

取りに来られるお客さん待ち?

それとも配達待ちのパンでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎週金曜9~12時だけの営業なので、
お客さんたちも、さぞかし心待ちのことでしょう :-)

お店の次回の営業は、4月22日から。

店名は映画「かもめ食堂」にちなんだものです。
行ってみたい人は、このキーワードで探してみてくださいね。


先週1週間、サイト更新をお休みして、いろいろ考えました。

今、被災地では、その日食べるものにも困っている人がいる。
関東圏でも、パンの流通トラブルなどの諸事情で、
パンが買えない店も出てきている。
世界的な小麦高騰、そして今後は特に国産小麦(東北産も多い)の価格上昇、
入手困難などの問題が予想される。

こんな状況で、パンが好きだから、というだけで、
脳天気にサイトを続けていっていいものだろうか、と。

そうやって、サイトには手をつけられないままいたところ…

どうにも、調子が悪くなってきたんです。
物事を悲観的に考えがちになり、疑心暗鬼になり、
意地悪な気分になり、グチや批判が多くなり、気力がなくなり。

これはいかんな、と思いました。

世の中がどうあろうと、環境がどうなろうと、
「好きなことをして、機嫌よくしてる」のが、
自分には一番なのだと気づきました。

被災者の人たちのために救援物資を送ったり、
チャリティーイベントを開いたり、
積極的に活動している人は、素晴らしい。
(協力できるものには、できるだけ参加します)

でも、それができなくても、機嫌よく、明るく、前向きに生きてることだって、
周囲に害を出してない分、いいんじゃないかな、と。
そして、援助や貢献は無理のない範囲で、長期的に続けていく。

たぶん、日本が完全に立ち直るまで、優に10年はかかると思うんです。
熱しやすくさめやすく、スタミナのない私のことですから、
今からはりきりすぎてちゃ、きっともちません。
「持続可能な貢献のペース」を自分なりにつかもうと思います。

で、あいも変わらず、
おいしいパンを焼き続ける職人さんやパン屋さんを応援し、
パン好きさんたちに、つなげていきたいと思っています。

というわけで、このサイトは続けます。
もしよかったら、今後もお付き合いくださいね :-o

※今日から、パン好きstoryを4日連続でアップします。
ゲストは料理研究家の今井喜久子さんです!


昨日は、地震の大被害が広がるまっただ中に、
記事をアップしてしまい、大変失礼いたしました。
muちゃん、ブーメランさんにもご迷惑をおかけしました。

記事を予約設定にして、その時間外出していたためです。
地震の被害の甚大さをはじめて知ったのも、
19時のニュースで、でした。

反省すること、しきりです。

昨晩は東京出張中の主人も、
会社から2時間かけて10kmを歩いて帰りました。
帰宅は11時30分ごろでした。
電話はつながりませんでしたが、メールで通信できたので、
テレビやツイッターの電車状況や帰宅困難者避難所の情報を、
何度も送りながらの道のりでした。

被災地のみなさんのご苦労やご心痛には及びもつきませんが、
やはり心配で不安な夜でした。

テレビでは、大津波が一瞬にして田畑や車を押し流す様子、
街全体が火の海に包まれる様子など、
現実とはまるで思えない、
地獄絵図のような光景が映し出されています。
避難されている方々、
停電などライフラインの断絶に自宅で耐えておられる方々、
どれほどの不安と恐怖でしょう。

こんなことを今言うのは不謹慎かもしれませんが、
家族が生きてそこにいる。
家がある。
電気や水道が当たり前のように使える。
そのことに、朝起きてしみじみと感謝してしまいました。
そして、朝の太陽の光にも。

被災者のみなさんは、
今、ただただ辛いと思いますが、
この”朝の光”だけは誰のもとにも必ず毎日やってきます。
それをひとつの頼りにして、
1日1日を生きていってほしいと思います。

なんの力もない私ですが、
できることがあれば、何かの役に立ちたいです。
とにかく今はこれ以上、被害が広がらないことを祈っています。

 

 

 

 

 

 


前回は、muちゃんが働く兵庫県のパン屋「ブーメラン」さんのパンを、
いくつかご紹介しました。
今回はその工房にズームインです。

お店のウィンドウ

いや~1日200種も焼くとなると、こんなに機械がいるのですね 8-O
今まであまり工房をじっくり見たことなかったので、
(なにせ作るより食べる派なので :oops: )
とっても新鮮でした。

ミキサー

分割機 これすごい!

パイローラー

窯とドウコン

 

ドウコン(ホイロともいう)って、巨大発酵機のことなのですね。
窯も大きい!

muちゃんによれば、
日曜日以外は
社長、職人さん1人、パート1人の3人体制でパンを製造しています。
木曜日は社長が休みなので、職人さん1人とパート2人体制。
木曜日は朝6時から夕方4時位までみっちり働いています!!
とのこと。

「ブーメラン」さんは、移動販売もされているそうなので、

移動販売のブーメラン号。「パーンパーンパンパンパン♪」 のパンのマーチがやってきた合図

その製造数もかなりの多さと思われます。
やはりパン職人さんって、気力、体力も肝心ですね。

たくさんのパンや機械の画像を見ながら、
muちゃんが額に汗してパンを作る姿が目に浮かびました。

ドーナツ

 

忙しいなか、たくさんの画像をおくってくれたmuちゃん、ありがとう。
そして快く掲載を許可して下さった
「ブーメラン」の社長さんに御礼申し上げます。
石川県からは遠い兵庫県の「ブーメラン」さんですが、
muちゃんのお便りを通してとっても身近に感じることができました。

近くで育ったお子さんたちは、大きくなったら
「パーンパーンパンパンパン♪」のパンのマーチを
懐かしく思いだすのでしょうね。きっと。

■ブーメラン
兵庫県川西市新田1-1-7
TEL:072-792-3656
6:00~19:00
無休






このブログの
発覚!友人もパン職人
muちゃんとパン
で、私の友人がパン職人だったことお知らせしてました。
そのmuちゃんから、かねてからお願いしていた
お店のパン画像を送ってきてくださいました :lol:

お店の名前はブーメラン」。
兵庫県にあり、毎日100~200種のパンを焼きあげているそうです。
そのパンをざっとご紹介すると、

アンパンとクリームパン

かおぱん(アンパンマンとキティかな?)



 

 

 

 

 

シナモンロールとチョコ棒デニッシュ

ソーセージロールとシャウエッセンパン

 

 

 

 

 

 

チーズコッペとバターコッペ

ハチミツレモンとチョココルネ

 

 

 

 

 

 

栗アンパンと黒豆パン

プチパン

 

 

 

 

 

 

まだまだあるのですが、今回はこのラインナップで。
どれもつやつやでおいしそう~ :-o
なかでも、栗&お豆大好きなoi-panは
この栗アンパンと黒豆パンに興味しんしんです :-P

muちゃんによれば、
社長がミキシングをして、
パートの私がパンに卵を塗ってトッピングをして焼きます。
成形は社長と私の二人でします。

とのこと、このつやつやはmuちゃんのお仕事のなのですね。
食べてみたいなぁ。

次回はお店の雰囲気と工房の様子をご紹介します。
muちゃんが日々働く職人の世界です :roll:
お楽しみに~

■ブーメラン
兵庫県川西市新田1-1-7
TEL:072-792-3656
6:00~19:00
無休





寺田本家の発芽玄米酒「むすひ」
これを飲んでしばらくすると、お腹がキュルキュル鳴り始め、
腸が動きだしたのがわかります。
そして翌日のお通じもすっきり爽快 :-D
いろいろ考え事が多くて、寝つきが悪い夜も
ぐっすり眠れるようになりました。
ぐびぐび飲む必要はありません。
おちょこに一杯程度で十分です。

酵母が生きたまま入っていて、毎日発酵し続けているお酒なので、
開ける時には、ゆっくり開け閉めを繰り返さないと、
シャンパンのように泡が噴き出してしまいます :roll:
※そうやって注意してても、噴き出てくるのですが…

麹漬けを液体にしたような味わいで、
ふつうの日本酒とは全然違います 8-O
酸味と芳香がきついのですが、イヤな感じではありません。
漬けもの、発酵食品をお好きな方は大丈夫と思います。

長寿のお酒ともいわれる「むすひ」。
しばらく続けてみようと思います。


※前にお伝えした
「ふだん着の温泉」の「みろく温泉」(金沢市にある親友のお風呂屋やさん)オンエアー。
なんと8日の録画をミスして、見られず。
再放送は国会中継となり、まだ見てません :cry:
次回のNHK総合での放映は
10日(木) 午前11時15分〜11時25分 なので、
こちらはしかと録画予約いれておきました。
今度こそ見るぞ~



前回お伝えした「FACTORY」では、こんなパンを買いました。

レーズンくるみ

 

その断面。くるみ大きいです!!!!

 

いちじくベーグル

アメリカンスタイルのお店なので、
やっぱりベーグル、スコーンが充実してました。
ハード系もナッツごろごろで、oi-pan好み♪
ほかにも、マカロンやクッキーなど、いろいろ買ってしまいました。
誘惑の多いレジ回り、ほんと注意です :mrgreen:


夜は、黒板メニューのごちそうや、ワインなども揃っているそう。
でも、あの広さだと、毎日満席で要予約が必須だと思います。

このお店は「麹町カフェ」という
有機野菜や自家製パンにこだわるオーガニックカフェの姉妹店だそう。
きっと、料理もおいしいんでしょうね~。
きびきびと働くスタッフの人に、パンのことももっと聞けばよかったなぁ :roll:
限られた時間でパンをがっついて食べてたoi-pan、
まだまだ技量不足です…


■FACTORY
(ファクトリー)
東京都千代田区九段南 3-7-10 アーバンキューブ九段南1F
TEL: 03-5212-8375  
8:00〜22:00 (月〜金曜)
9:00〜18:00 (土曜)
日曜・祝日定休


いまごろ~って感じですが、
年末、東京に行った時、ここにも寄ってきたんですよね。
(というか本命だったんですが)

九段下の「FACTORY」です :-D
「BRUTUS」年末号のベーカリーカフェ特集で、
あの「ツオップ」(知る人ぞ知るの千葉の有名ベーカリー)を差し置いての巻頭紹介!!
これは行かないわけにはいきません、よね♪

市ケ谷駅から徒歩7~8分。靖国神社の前にお店があるはずなのですが・・・
方向音痴の私はなぜか迷ってしまいました。
お店を発見してからわかったのですが、
雑誌やサイトで見るより、ずっとさりげないんです店構えが。
はじめて行く人のほとんどが、パン屋さんだと気づかないと思います。
雑貨屋さんか、服のお店みたい。
とてもスタイリッシュです :roll:

入店したのが10時30分で、ランチは11時~。
日帰りの上京で、余裕のないスケジュールを組み、
全然時間のなかった私は、
適当にパンをチョイスして早めランチにしました。
(ちなみに10時までだとボリュームたっぷりの朝食セット700円があるそう。
そしてこの日のランチはカレーだったみたい…)

こんな迫力のサンドとイリーのコーヒー、
その上、スコーンまでオーダー(このスコーンがまた大きい!!)。
ふかふかの胚芽入りパンのサンドイッチを食べたら、やっぱり満腹に。
スコーンはお持ち帰りさせていただきました。

ふと店内を見渡すと、左側の大きめテーブルには、
私立幼稚園のママと思われる美しグループがなにやらミーティング。
左側の2人用テーブル2つには、
それぞれおひとりさまの女性がゆっくりティータイムを楽しんでおられます。
パチパチとデジカメ撮影し、早食いしている私は、
めっちゃ場違いです :oops:

でも、スタッフも雰囲気も
とてもカジュアル(どちらかというとアメリカンな感じ)で居心地はいいんです。
レジ回りにはパンのほか、クッキー、マカロン、ジャムなどが、
ぎゅぎゅっとディスプレイされていて、
雑貨屋さんみたいに楽しい♪♪
支払いの時に、またあれもこれもと買ってしまいました。
そのパンはまた次回に…


■FACTORY(ファクトリー)
東京都千代田区九段南 3-7-10 アーバンキューブ九段南1F
TEL: 03-5212-8375  
8:00〜22:00 (月〜金曜)
9:00〜18:00 (土曜)
日曜・祝日定休