sitemap

Bagel Cafe Pygmalion ●石川県能美市

伝統工芸・九谷焼で知られる能美市。緑豊かな公園前にひっそりたたずむのが、このベーグルカフェです。一見したところ、ごく普通の住宅なので、たどり着くまでに迷ってしまう人も多いでしょう。

でも、詳しくは教えたくない、そんな隠れ家的なお店です。玄関では「靴を脱ぐのかな?」と一瞬とまどいますが、そのまま入店OK。扉を開けたその向こうには、あたたかい木目が心地よい、くつろぎ空間が広がっています。黒板メニューからオーダーするもよし、ベーグルをテイクアウトするもよし。でも、時間があるなら、ぜひ、ひと休みを。
こちらの魅力が存分に味わえます。

 

オーナーの切島さん夫妻は、住宅を改装して2006年にオープン。長年の夢だったというカフェは、ふとしたことからハマってしまった「ベーグル」をメインにした店づくりになりました。
「自分たちが思い描くベーグルを実現したい!」と本やネットで作り方を研究し、試行錯誤すること約2年。できあがったのが、店頭に並ぶ“ピグマリのベーグル”です。

北海道産小麦粉100%で作るモチモチのベーグル。乳製品や卵を使用していないので、どっしりと大きいのに、2つ食べても胃もたれは全くありません。

幅10センチ、高さ4センチぐらいのビッグサイズベーグル!最初、出合った時はほんとうにびっくりしました。

焼きたてよりも、半日ほどたったものが、ベストの食感で味わえるとか。
その日に食べられない場合は冷凍保存。食べる時には、170度のオーブンで7分焼き、余熱で15分ほどおくと、外側パリパリ、中モッチリのおいしいベーグルが食べられます。

ピグマリさんでは、冷凍ベーグルの発送もしているので、遠方の方の持ち帰りやプレゼントにもオススメですよ!

 

 

 

 

 

いちじくとくるみ、黒豆、チーズ、黒糖など、
常時約10種類のベーグルを揃えています。

時折、ライ麦や抹茶を使ったものも登場。

季節商品もあり、枝豆(夏)、銀杏(秋~冬)が人気です

 




上のベーグルは、なんと昆布。
海の香りと小麦がこんなに合うとは!
まさに新鮮な食体験でした。
お味噌汁や和のお惣菜とも合う
“和ベーグル”です

 

 





おだやかな日差しが包むカフェは、静かな午後を過ごしたい時にぴったりの空間。

お店のサイトには、「ひとりの時間、限りある時間を大切に」との言葉があります。
美しいお庭をゆったりと眺めていると、そんな時を持たずにいた自分にハッと気づかされました。

忙しいは「心を亡くす」と書きますよね。
時にはこんなカフェで、自分の心を取り戻すことが必要なのかもしれません。




 

 

 

 




カフェスペースは、
ご夫妻が好きな道具や本を集めて創り上げたもの。
コーヒーはご主人が自家焙煎した、こだわりの一杯です

 

 

 


Bagel Cafe Pygmalion (べーぐるかふぇ ぴぐまりおん)
石川県能美市三道山町チ37
TEL  0761-58-5343
9~16時(カフェ11時30分~16時)
火・水曜定休
http://www.bagelcafe-pygmalion.com/