sitemap

小松市の道の駅で買った地物トマト。
たくさんあったので、ジャムを作ることにしました :-D
山本麗子さんレシピです♪

まずトマトの皮をむいて、2センチぐらいの大きさに切ります。
分量の半分の砂糖の3分の2と、レモン汁を入れて煮立てます。煮立ったら中火にして、アクを取りながら煮詰めます。
半分ぐらいのカサになったら、残りの砂糖を少しずつ入れてさらに煮詰めます。

30分ぐらいすると、こんなふうになります。できあがりは小瓶2個。
トマト500グラム、砂糖250グラムで作りました。
レモン汁を入れたせいで、キラキラ光るジャムに。
トマトが完熟していると、もっと真っ赤になります。
お味は、かなり甘めになってしまった~。
まったりと酸味があって、柿みたい。ブラウンブレッドに合うかもしれません。
食べ方も研究してみよっと :roll:

残りのトマトは、塩糀漬けに。これがまた、うまいんです!!
トマトの甘みと塩加減が絶妙。こうすると、トマトがもりもり食べられます。
今が旬の味! 
いろいろ工夫して味わいたいものです ;-)


*****
連載中の「パン屋さんのお話」、
「楽しみにしてます」と声をいただき、うれしい限りです。

パン屋さんの挑戦やご苦労を知ると、
並んでいるパンひとつひとつに、表情があるように見えてきます。
香りや風味、具の配合、色や形のデザイン、それぞれに工夫の跡がしのばれて、
楽しくて、愛おしくて、ありがたい気持ちになってきます。
商品なんだけど、もっと身近であたたかいもの、
そんな作り手の心を伝えるパン屋さんを、
これからも応援していきたいです。


本日6月21日、このサイトをデザインしてくださったnonohanaさんの
編み物ワークショップが開催されます。
場所は「f.i.e*flax」さん。
こちらでは、「+LIFE MARKET」と題して、
16日~22日までの1週間、いろいろなワークショップが開かれています。

nonohanaさんの教室は、
かぎ針編みで作る、巻き薔薇やリネンのモチーフ作り。
ほんとに素敵なので、
お時間ある方は、ぜひ教えてもらってください。
詳しくは、コチラ

私もちらり顔出したいと思ってます :-D


前庭のジューンベリーの実が成りました。
毎朝、コツコツ採りためては冷凍庫へ。
これだけ貯まりました~(裏庭の野イチゴも少し入ってます)。
でもって、いよいよジャム作り決行 :-D
容量の半分のグラニュー糖を入れて、グツグツ。

小瓶1個半のできあがり!

 

これから、少しずつ食べます。
ベーグルにクリームチーズとはさんで食べると最高なんですよ♪

でも、ほんとは、この倍量収穫できるはずだったのです。
それが、とある日曜、いきなり町内アメシロ散布をされて・・・
毎年、前は通っても、ジューンベリーにはしていかなかったので、
「今年も大丈夫だろう」と油断していたら、
プシューっと、目の前でかけられてしまいました。
まだまだ、たわわに実っていたジューンベリーが
一気に台無しになってしまいました。

ショックのあまり夫に電話すると、
「毎年、僕が前に出てって、かけないで下さい、って言ってたんだよ」
とのこと。
そうだったのか!人任せにしてた私が悪かったのね :cry:

このアメシロ散布は前もって断ることができるらしいのですが、
散布経験者の夫によると、
回っていると、どの家かわからなくなるので、不確実なよう。
散布日に出て行って、断るのが確実なんだそうです。
来年は絶対、やめてもらおっと。

そもそも、樹木への農薬散布なんて、
希望者だけの有料制にすればいいと思います。
ほかの街はどうなっているんでしょうかねぇ?

食べ物の恨みは深い…oi-panでした。

 

お知らせ*********
本日から「パン屋さんのお話」を5日連続でアップします。
今回のゲストは、
Boulangerie YAMANEKOの店主、岡崎さんです。
お楽しみに :lol:


雑誌の、とある新店情報に目が釘付けになってしまった私。
その「オカフェ」さんに行ってきました!

今年2月にオープンしたカフェです

 

写真でみたとおりの素敵な店内。ラッキーなことに奥のテーブル席が空いていました!
初夏の風がするりと抜ける心地いい席です。

飲み物のオーダーをして、
さてと、フードは何を選ぼうかな :roll:

テイクアウトもできるスイーツや焼菓子。このほかにも、キッシュやタルト、ロールケーキ、シフォンケーキ、チーズケーキなどメニュー豊富です
こんなこだわりも…

店内の雑貨も趣きがあります

 

 

 

 

 

 

oi-panのオーダーはやっぱり…

オレンジピールのベーグルとカプチーノ

 

 

もっちりとした生地と甘いオレンジピールがうまい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おひさまが燦々と降り注ぐ、ワイルドガーデン風のお庭を眺めつつ、
しばしティーブレイク。
店内には、このテーブル席のほか、カウンターに3席があります。
6月中旬から、ランチも始めるそうなので、今度はそちらも食べたいなぁ。
評判のオカフェロールもねらってます 8-)

 

お店をひとりで切り盛りするオーナーさんは、福井県出身の方。
とても気さくな美しい女性です。
今度、時間があれば、開店のいきさつなども、うかがってみたいと思ってます。


食後に、「どうぞ」とふるまってくださったザクロのお茶。
ほのかな酸味と甘みが、さわやかに口を潤してくれました。


加賀にも、こんなお店ができたなんて、うれしい限り。
これからは「東山ボヌール」さんとハシゴかな ;-)

オカフェ
石川県加賀市上野町カ119-1(山代中学校向かい)
TEL 0761-77-3136
11~18時
水、木曜定休




昨日はひさびさに夫が東京から帰ってきたので、
家族3人でランチに行きました。お店はここ。島ごはんがおいしいカフェだよ~
前から食べたかった「ベジタブルランチ」を3人ともオーダー。

有機押し麦と木綿豆腐のコロッケ(レンズ豆ソース付)、ごま豆腐や太きゅうりなどの野菜惣菜など、
充実の内容です!

これに玄米ごはんとみそ汁が付くと、
ヘルシー&豪華でしょ :-D

この時点で、3人はすでにお腹いっぱいになってたのですが、
これはやっぱり別腹です。

ガトーショコラ

卵や乳製品を使ってないのに、とてもコクのある味わい。
豆乳ソースともよく合ってました。

食べ終えても、南国風の空間が心地よくて、つい長居してしまうお店です。
周囲を見回しても、みんなゆったりと過ごしてました ;-)

カラダにいい素材をたっぷり食べて、のんびり語り合う。
ひさしぶりにいい時間持てたなぁ…

■Cajon(カホン)
金沢市藤江北4丁目491番
TEL 076-267-7000
ランチ・カフェ / 11~18時、
ディナータイム / 18~24時





*****お知らせ :lol:
本日から、5日連続で「パン好きstory」をアップします。
ゲストは人気ブロガーの棚田美穂さん。
素敵な暮らしと、おいしいもの情報もいっぱいです。
よかったら、ぜひお立ち寄りくださいね :-o


以前、ご紹介して、とても反響の多かった、
あの山里のパン屋さんに、またまた行ってきました。
前回訪れた時には、まだ雪が残っていましたが、
今はこんなふうに、竹林の青さが目に沁み入るようです。
焼き上がったばかりのパンから、チョイスしたのは、こんなパン。
驚くべきことに、無意識に前回とほとんど同じパンを選んでるんですよね~ 8-O

この日は、谷重さんがパンを学んだ「アフタヌーンティー」とゆかりの深い、
ホイップクリームとブルーベリージャムのパンをその場でいただきました。


優しい味わいのクリームと、砂糖なしのブルーベリージャムは、
初夏を思わせる爽やかなコンビネーションでしたよ。

山々の自然がいながらにして、感じられるお店。
また、季節が変わったら行ってみたいです :-D

 

 


まだ梅雨入りしてないのに、どんよりしたお天気が続いたここ数日。
やっぱ気分転換が必要だ~とばかりに、
ほこっと空いた時間に、白山麓の鶴来まで行ってきました :-o

●目的その1
湯浅啓さんの写真展『鉄道のある風景』

 

 

 

 

 

 

昔ながらの酒蔵本店に、
鉄道をこよなく愛するカメラマンの詩情豊かな作品が展示されています。

電車が通る一瞬の光景の中に、
光、空気感、鳥や花、山、川、海がギュッと凝縮された密度の高い作品ばかり。
それでいて暑苦しくなく、爽やかさを感じさせるのが湯浅さんの持ち味です。

来場者の中には、まるでその写真の中の物語を読むように、
ずっと眺めている人もおられました。
わかるなぁ、その気持ち :roll:

展示は6月5日(日)(9時~17時(最終日は16時))まで。
初夏の山を眺めるような、
清々しい気分になりたい方はぜひ、足を運んでみてください。

■萬歳楽本店(小堀酒造店ギャラリー)
http://www.manzairaku.co.jp/honten/index.html

 

 

 

●目的その2
「あさひ屋ベーカリー」さんの新作パンをぜひとも食べたくて!
(上記のギャラリーから徒歩1分なんです :-D )

 

←新作はコレ!!
友人と私が買って、あと1個だけになりました。
あの雑穀パンの黒パンバージョン。
18種の雑穀入りがうれしいじゃないですか!

 

 

この日のお買い上げは、娘が食べたがってたジャムサンド、
くるみとアーモンドのパンなどなど。
ジャムパンサンドには、ブルーベリーやイチゴのジャム、
バナナ、クリームチーズも入っててリッチな味わい。
娘もとっても気にいってましたよ~

 

●目的その3
そして、またまた「あさひ屋」さんのお向かいの糀屋さんへ。

前回こちらの生糀で作った塩糀となめ味噌。
なんともいえない深い甘みがあって、とってもおいしくできたからなんです。
納豆に、和えものにと使ってたなめ味噌が、そろそろなくなってきたので、
切れたら困る!とばかりに買いに来てしまいました。

生糀なので、産毛のような糀菌がみえますよ~


これで、またまた、塩糀となめ味噌、
今度は糀だけで甘酒を作ってみようと思います。
お店の奥さんが教えてくださったレシピは、
糀:水=1:2を炊飯ジャーに入れ、
4~6時間保温すればよいそうです。
味見させていただきましたが、
お米と糀で作る甘酒よりも、さっぱりとした味わい。
夏場はこのほうがいいかもしれません。
今週末は早速、仕込んでみるよ~


と、各スポット徒歩1分内で、豊かな体験&お買いものができる鶴来ゾーン。
今オススメのトライアングルコースですよ :lol: