sitemap

vol.5 岡崎俊裕さん その5

Oi-pan interview パン屋さんの「なんでパン?」をうかかがいます。

●岡崎俊裕(おかざきとしひろ)さんのプロフィール
1970
年、奈良県生まれ。金沢大学教育学部・金沢大学大学院哲学科卒業。
地元、奈良県で小学校教員を6年間勤めた後、退職。
パン職人を志し、金沢を起点に修業を開始する。
石川県河北郡「ボングー」、長野県「ル・コパン」、
「金沢全日空ホテル」(現ANAクラウンプラザホテル金沢)の製菓・パン部門、
恵比寿「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」など、
約10年の経験を積み、2010年に独立。

 

その5

『山猫』のセリフのように

―    お店を開いてから、日々いろんな発見や実感があると思うんですが、
どんなことを強く感じますか?

岡崎・・・お客さんの反応です。今までの評価は「集団で作るパン」へのものでしたが、独立してからは「自分ひとりで作るパン」への評価じゃないですか。称賛も不満も、自分ひとりにかかってくる。責任は重大なんだけれども、その分、喜びは大きいですね。

―    お客さんからの感想がダイレクトに伝わってくると。

岡崎・・・正確には、僕はひたすらパンを焼いてるから、奥さんを通してなんですけどね(笑)。
「こんなの作ってほしい」「あのパンはどうしてなくなったの」とか、いろいろ感想やご意見があります。
僕としては「旬の素材のものを出したい」という気持ちが強いので、どうしても期間限定商品ができてしまうんです。季節感を大事にしたいですしね。そういう場合は奥さんに「また来年のこの時期に出します」と説明してもらうようにしてます。

新作には、こんな黄色のリボンが付いてます
奥さんの貴子さんとスタッフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

―    お店の雰囲気やパンがとても洗練されてるだけに、気さくな貴子さんの声かけはありがたいです。とても丁寧で親しみもあるし。
私はいつもオススメのパンを買ってしまうんですよね~ :oops:
その合間にちらりと厨房をのぞくと、パンを焼き続ける岡崎さんが見えるんです。その背中には、まさに「没頭」という文字が貼り付いてる…。

岡崎・・・ははは、そうですかねぇ。厨房がちらりと見えて「一所懸命やってるんだなぁ」と、お客さんに感じていただければいいかなと。でも、こういう風に売り場のすぐ横を厨房にしたのは、焼き上がったパンを即座に出せるようにしたかったからなんです。

―    お二人でやってるお店だから、この配置は見た目にも、作業効率的にもよく考えられてますね。やっぱり厨房が見えるパン屋さんって、信頼感が持てます。

岡崎・・・そう思ってもらえたら、うれしいですね。

―    では最後に、こうして、ものづくりの道を歩んできて、自分なりに見つけたことはありますか?

岡崎・・・「自分自身を変えていかないと、なかなか前には進まない」ということを、すごく学べた気がします。よく「周りがあれしてくれない、これしてくれない」と不満を言う人がいますけど、自分が変わると、結果として周りも変わっていくことって、意外と多いと思うんですね。いろんな場で勉強させてもらって、「自分を変革しながら前向きに行動していけば、だんだん環境もよくなっていく」と思えるようになりました。

―    すばらしい :-o

岡崎・・・いや、そこまで悟りきってるわけじゃないんですけどね(笑)。まぁ、自分で店を持ったら、やらざるを得なくなるんです。窯が汚れて茶色くなってきても、誰も洗ってくれないですしね。

―    自分は上司であり、リーダーでもあると。

岡崎・・・そう、自分を律していかないと。
「まあ、これでいいや」と思って作ったら、「まあ、これでいいやのパン」になってしまう。
自分の中で「本当にこれでいいのか、正しい位置にいるのか」と点検する毎日です。

―    岡崎さんは自分に厳しい人だなぁ :roll: やっぱりストイックです。

岡崎・・・いや、そんなことないですよ。かっこよく言ってるだけで(笑)。
でも、お客さんに”ええもん”を出したいし、これからも「さらに”ええもん”を出し続けたい」と思ってるんで。それだけ、自分が未熟な段階で独立したからなのかもしれないんですけど。
ま、山猫ですわ。「変わらないでいるためには、変わり続けなければならない」だと。

―    うん、そのまんまですね。いい言葉です! 今は、忙しい日々が続いてると思うんですが、そんな中でも、ほっとする瞬間、なごめる時間は持ててますか?

岡崎・・・最近はそんな「まったり」できる時間はないですね。奥さんにも「あせりすぎ」って言われるぐらい。でも、この1年は、あせってみたい。この1年で、どれだけできるのか、自分の真価を見てみたい。
「1年間はあくせくと全てのことを忘れて、パンに没頭しよう」と思ってます。思いこんだら、のめり込み過ぎてしまう性質なんで、シェフにもよく「あんまり根を詰め過ぎるなよ」と言われてたんですけど、やってみたいんですよね。1年はこの調子で突っ走って、それからだんだん全体を見ていけるようになればいいのかなと。

―    そうですね。岡崎さんの3年周期の1年めにあたりますしね。

岡崎・・・ええ、そのうち余裕ができれば、ほかから刺激を受けられるようにもなって、また違った発想でパンを作れるようになっていったりするんじゃないかなぁと。でも、それは、また次の段階かなと。
ま、長い目で見ながら、一歩一歩積み重ねていきたいなと思ってます。



(岡崎さんのインタビューはこれで終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうごさいました)