sitemap

vol.5 棚田美穂さん その5

Oi-pan interview パン好きの「なんでパン?」をうかがいます。

●棚田美穂(たなだみほ)さんのプロフィール 
石川県白山市(旧松任)出身。能美市在住。1児の母、IT企業に勤務するSE。
2005年、日々の生活、好きな雑貨、お店、食を綴った
フォトブログ「しあわせ家族でいるために・・・」を開始。
愛用の一眼レフカメラで撮影した美しい画像、
とっておきの情報、ほっこりと心なごむ記事が評判となり、
現在は1日1500~2000アクセスの人気ブログになっている。

趣味は、やはり写真撮影、おいしいものを食べること、雑貨店巡り

(プロフィール写真/棚田美穂)


その5

お客のレベルも上がってきた

―    ところで、おいしいものいっぱいの棚田さんのブログで、特に多く取り上げられてるのって何?

棚田・・・食べ物だと、和菓子、洋菓子 パンの順かな。

―    あれ、パンはランキングが低いぞ 8-)
でも、この際だから、お菓子のお気に入りも聞いちゃおう!

棚田・・・思い出の菓子だと、小松の「福新屋」さんの草餅ですね。
これは小さい頃から父親がよく買ってきてくれてた。

「福新屋」さんの草餅 (写真/棚田美穂)

―    え、お母さんだけでなく、お父さんもグルメなのね 8-O
小松で草餅というと「福新屋」さんを挙げる人、多いです! よもぎたっぷりなんですよね。

棚田・・・そうそう、よもぎの繊維がよく見えるぐらいたっぷり入ってる。表面には、きな粉がたっぷりかかってて、とにかくおいしいです。
それから、白山市の「円八」さんのあんころも。あの、甘すぎず、ほどよいこしあんが好き。

―    さすが、旧松任出身。定番の味ですね。この2つが思い出の味だとすると、最近のお気に入りは?

棚田・・・小松の「まるしん堂」さん。豆大福がめちゃめちゃおいしい!

―    棚田さんは、地元でいう”朝生”が好きなんですね。
その日のうちがおいしい、昔ながらのお餅みたいな。

棚田・・・そうそう。おばあちゃんの味みたいな。

―    じゃ、もうちょっとついでに、洋菓子はどこの何がお気に入り?

棚田・・・私は実は”モンブラン・フリーク”なんです。新しいケーキ屋さん行ったら、とりあえずモンブランを試してみる。大好きなのは「ぶとうの木」さんの。いわゆるさつまいものペーストがかかった黄色いケーキじゃなくて、マロンクリームのもの。最近は多くなったけど、そのタイプをはじめて知ったのが、ここのモンブランだったんです。濃厚でコクがあって、すっかりハマりました。

「ぶどうの木」さんのモンブラン (写真/棚田美穂)

―    やっぱり棚田さんは木の実好きなのね。ぎんなん好きだし。

棚田・・・そこに行きつくのかな(笑)。

―    でも、そういった”おいしい情報”はどこから入ってくるんですか?

棚田・・・知り合いにおいしいもん好きが大勢いるから、自然に入ってきます。買ってきてくれたのを食べたり、「あの人が言ってたから、行こうかな」と足を運んだりして。

―    まわりの食レベルも高いのね。そのネットワークは強いわ~。
私もおいしいもん好きなんで、つい菓子ネタに突っ込みすぎてましたが、このあたりでパンの話題に行かないとね ;-) 。ブログの中では、パンも時々紹介されてますよね。パンは昼に食べることが多いみたいだけど。

棚田・・・会社で食べやすいので、いつも出勤前に、パン屋さんに寄って買ってます。

―    パンでも、木の実や豆を使ったものが好きなんですか?

棚田・・・うん、好きですね。でも、ほんとうに好きなのは、何も入ってないシンプルなハードな食パンです。食パンは家でしか食べられないのが残念なんだけど。

―    食パンももっぱら、チュナさん?

「チュナ」さんの食パン (写真/棚田美穂)

棚田・・・そう、チュナさんのハードな食パン。それと「たね」さんの食パンも好き。

―    棚田さんは自分でパンを焼いたりすることもある?

棚田・・・ううん。おいしいもの作りはプロにまかせる」というのが基本です(笑)。

―    私もそう :oops: 。特に、フルタイムで働いてる棚田さんは忙しいから、手間ひまかかるパンはなかなか作れないよね。

棚田・・・それに最近、パン屋さん充実してきたからね。おいしくてしかもいろんな種類のパンが食べられるようになってる。反面、昔ながらの、菓子パンメインだったパン屋さんはどんどんなくなってきてるけど。

―    パン屋さんも厳しい時代になってきたね。

棚田・・・「あそこのパンは味が落ちた」とか、すぐ評判になりますよね。でも、もしかしたら、お客のほうのレベルが上がったせいかもしれない…

―    どちらなのかなぁ :roll:  どちらにせよ、お客は怖いですよね。

棚田・・・これだけパン屋さんが多くなってきて、お客の口が肥えてくると、パン屋さんも大変でしょうね。「うちはこのパン」というパンがないと難しいんじゃないかな。
小麦の価格が上がったりして、経営的に大変な面もあると思うけど、「このパンの味だけは変えない」というようなポリシーを持ってるパン屋さんが強いんだと思う。

―    わざわざ買いに行くのは、期待して行くのであって、裏切られるとがっかりしますよね。

棚田・・・1回がっかりすると後を引いて、自然と足が向かなくなるよね。いろんなパン屋さんがいろんな形でがんばってるけど、「自分の店の味を守る」という姿勢を貫いてるお店っていいですよね。小さくても、それを感じるお店に魅かれます。

 

(棚田さんのインタビューはこれで終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうごさいました。
次回のゲストは、じわもんライフ事務局スタッフ、
山田浩太郎さんの予定です)