sitemap

スーパーで学んだこと

2011年8月27日

今回の旅行で学んだのは、
「食事をなんとしても自分の力で調達しなければならない場合、
人はたくましくなれる」
ということ。
特に食が最大の関心事である私たちは、
食糧調達のためなら、なんでもやれるのだと発見したのです。

フィンランドのホテルプランにほぼ必須の、
朝食ビュッフェを付けなかったのも結果的には正解でした。

だから、通いに通いましたよ、スーパー!

ホテルすぐ近くのSマーケットはほぼ毎日(夜10時までが便利)。
エスプラナーディ通りに行ったら、必ず寄ったSTOCKMANNの地下。
この2つの中間地点にあり、最もお買い得なKマーケットにも!

どこも、屋外の市場同様、新鮮な野菜・果物がどっさり並んでいるのが特徴。

こんな老夫婦の姿もよく見かけました

ちょっと虫が飛んでても誰も気にしてないし、気にならない

落ちそうなぐらいたわわに盛った野菜や果物は、
好きなだけ袋に入れて値札を付けて買います。
(イオンとかと同じやり方です)

レジでは、ベルトコンベアーみたいなところに、
カゴから商品を移動。
次の人との境目にラップの箱みたいな目印を置き、
商品の上にビニールの無料レジ袋をのせておきます。

レジの人が「Hei!」と声をかけてくれるので、
こちらも明るく返します。
(何事もオウム返しが肝心です ;-) )
会計&商品の袋詰めは日本と同じです。

違っていたのは、Sマーケットのおばちゃんが、
商品を軽く投げるように、袋詰めコーナーに置くこと。
卵だったら、きっとヒヤヒヤしただろうなぁ。
ドリンクを飲みながら作業してたのも印象的でした。
(さすがに、高級スーパーのSTOCKMANNでは見かけませんでしたが)。

着いたその日に行ったSマーケットでは、ヒヤヒヤものの事件もありました :oops:

見よう見まねで会計を終え、よかった、買えた~と思いきや、
レジのおばちゃんが、
紙袋入りのパンを指差して「これダメ!」というしぐさをするのです。
確か、そのパンは特別なケースに入っていて、
自分で選んで袋詰めしたもの。
「きっと、値札付けに違いない」と思い、
娘をレジに人質にして、パンコーナーへと向かいました。

おいしそうなパンが温められてます

パンコーナーには、こんなケースがいくつかあるんです。
袋入りのものは量が多く、食べきれそうもなかったので、
ここで選ぶしかないんですよね~。
近くにはこんな器械があるのですが、どうも使い方がわかりません。

この番号はなんだ?

途方にくれていると、
そこに、なんと熟年の日本人夫婦の姿が!
恥ずかしながら尋ねてみると、とても親切に教えてくださいました。
ひとつの紙袋に同じ種類のパンを入れ、
パンのケースの上部に書いてある番号を押します。
すると、パンをのせた台の下から、シールが出てくるので、
それを貼ればOK、というわけです :-D
冷静に観察すれば、わかりそうなものを、
初日の緊張と、シールが出てくる場所のわかりくさもあって、
見逃してしまってたんですよね~。

値札を貼ったパン袋を抱え、レジに戻った時の
娘の心細そうな顔といったら!
こうしてひとつずつ、たくましさを増していったoi-pan母娘だったのです。



また、ヨーグルトを買おうとして、
カッテージチーズを買ってしまったこともありました。
とにかく乳製品コーナーの量が半端なく広くて、
商品選びに迷ってしまうんです!

そうそう、不思議乳製品Villi(ビッリ)にも出合いました。

とろーんとどこまでも後をひきます

なんでも、ヨーグルトとは異なる菌で発酵させてるのだとか。
(帰国してから、フィンランド関連本で知りました)
それとは知らず「よくのびるヨーグルトやなぁ」と、
ベリー類にかけて食べてました。
そういえば、ヨーグルトより酸味も少なく、さっぱりしてましたっけ。

乳製品同様、充実してたのが、これの陳列棚。

左がサルミアッキ。右はおいしいキャンディー

フィンランド人は大好き!
でも、その他の国では「世界一まずいアメ」と恐れられている
サルミアッキです。
甘草を原料とした嗜好品で、グミのような食感が特徴。
パッケージが可愛いので、つい買いたくなりますが、
要注意!!!
日本人は1箱、いや一粒も食べられない人が多いと思います。
口に入れた当初は大丈夫なのですが、
だんだんトイレのような香りが口中に広がってきます。
これが欠かせないというんですから、
フィンランド人の好みって…

でも、日本のおしゃぶり昆布やすっぱ梅とかも、
外国人にとってはこんな感覚なのかも。

このサルミアッキはいろんな種類があって、
strongというのが怖そうでした 8-)


これだけスーパーに通い続けていると、こんなこともありましたよ。
商品を探していると、
とてもきれいな学生風の女の子がチラチラとこちらを見ています。
しばらくすると、
「何かお困りのことありますか?」と声をかけてきてくれて、
商品があるかどうか、教えてくれたんです。
あの女の子に観光ガイドしてほしかったなぁ :-|


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

:wink: :-| :-x :twisted: :) 8-O :( :roll: :-P :oops: :-o :mrgreen: :lol: :idea: :-D :evil: :cry: 8) :arrow: :-? :?: :!: