sitemap

柔と剛を合わせ持つ小国フィンランド

2011年8月30日

ここまで旅のレポートをしてきましたが、
ヘルシンキにいる間じゅう思ったのは、
なんともいえないおおらかさと穏やかさ。

道に迷っていると、通りすがりの男性や女性が、
「Hei、どうしたの?どこに行きたいの?」という感じで
声をかけてくれ、何度も助けられました。

トラムの駅ではおじいちゃんが、
「あんたら日本人?
フィンランドのことは、フィンランドでスオミっていうんじゃよ」
(こんなふうな内容だったと思われます :mrgreen: )
と気さくに話しかけてくれたりもしました。

「ヘルシンキの人は親切だから、一度行ったら必ず好きになるよ」と、
フィンランド通の方からお聞きしてましたが、
ほんとうにその通りでした :-o
みんなセカセカしてないし、
余裕を持って暮らしているいるようにも見えました。

街には、ド派手な看板も電飾も自販機もないし、
うるさいアナウンスや大音響の音楽もありません。
ゲームセンターでは、みんなひっそり静かにゲームを楽しんでいました。
(一番響いていたのはエスカレーターの音、というカフェもありましたよ)。

そこには、
人の自律の力を信頼しつつ、
自由を尊重する気風がそこここに感じられるんです。

ひとりで食事や買い物を楽しんでいる人も多く、
「自分のペースが守れる大人の国」という印象を受けました。

港で見かけた仲よし夫妻。標識ちゃんと守ってます

 

そうした懐の深い部分と同時に、
フィンランドにはこんな一面があることを知りました。

●原発の核廃棄物の最終処分施設を世界に先駆けて建設している。
(「トイレなきマンション」といわれている原発。
当たり前のことをしている国が1国だけとは驚き。
原発は核廃棄物処理施設と対で考えるべきで、
後始末ができないなら建設しないというのが常識と思うのですが…
”決断したことには責任をもつ”という国の姿勢が見えます)

●義務教育の間、学力診断テストがない。
(教師1人が担当する生徒は10人ほどなので、
常に理解度を把握できるからとか。
人口が日本の25分の1だからできることなのでしょうか。
フィンランドは小国であることにとても危機感を感じており、
教育に力を入れるようになったと聞いたことがあります。
同じ小国として成熟度の違いを感じます。
日本でも教師の数を増やせば可能なのでは)

 

海外に行くと、日本の常識は世界の常識ではないと気づかされます。
日本にはよい面もたくさんありますが、
変えていったほうがいいところもあります。
それをどう変えるかのヒントを、
海外のあちこちで発見できるのではないかと思います。

だから、折にふれ、外から見る機会を作っていかなければ、
と真剣に考えるようになりました。

自国のほかに親近感を持てる国があり、
何度も訪ねてリフレッシュされてる方、結構多いですよね。
その理由が今回の旅でよくわかりました :-|


これで、oi-panのフィンランドレポートは最終回です。


では最後に、今回フィンランドで食べられなかったパンを一挙紹介。
穴あきライ麦パンに、黒パン、甘い菓子パンのプッラ!!!
絶対、今度また食べにいくからね~

未知のパンがいっぱいありました
後ろに積まれた平らなパンが気になる
ライ麦たっぷりそうですね。なんて書いてあるんでしょう?
これはいったい!一番気になったパン。巨大です
大きくて安い!ひとりでは食べきれなさそう
おいしさ保証付き。魚介のオープンサンド

来月からはまたパン情報をどんどんお届けしますね :lol:
よかったら、またお立ち寄りください!


コメント

  • oi-panさん、ご無沙汰しています。 フィンランドの旅の報告、楽しく読ませていただきました。 日常生活からの目線で気取らないoi-panさんの文章からフィンランドの穏やかながらもきちんとしたお国柄が伝わってきました。 無造作に置かれたパン達のゆるゆるさにも和みました。 フィンランドは、oi-panさんの第2の故郷になりそうな予感・・・。 母国の良し悪さを客観的に判断するにも、このような旅が本当に必要かもしれませんね。

    2011年8月31日2:02 PM | とろろん

  • とろろんちゃん、コメントありがとう :-D まとまらないレポート最後まで読んでいただいて、ありがとう :!: 1回行っただけの感想なので、実際のところはまた違うのかもしれませんが、初回で受けた直観って、意外に本質を捉えてることが多いような気がします。第2のふるさとなんて、おこがましいけど、なんらかのつながりができたらいいなぁ、なんてほのかに思ってます :wink: とろろんちゃんの第2の故郷はやっぱりフランスかな?作品にフランステイストあふれてますもんね :)

    2011年9月1日8:48 AM | oi-pan

  • こんばんは!フィンランド紀行、興味深く読ませていただきました。 コメント、しなきゃしなきゃと思いつつこんな遅くなってもうて・・・ 本当に素敵な旅だったんですね。うらやましいです~ 私ときたら日々の生活に追われ追われてそりゃもうひどいもんです :oops: やっと夏休みが終わったんですが、落ち着くのはもうすこし先、かな・・・我が家の中2さんがそれはもう気難しくて。 でもここの記事をゆったり読ませてもらって、癒しと元気をもらえました。本当にありがとです。 また遊びに来てね。お祭りの時にでも :-D

    2011年9月3日1:42 AM | ヨウ

  • 外国のパン屋さんは主食の感じ、本格的。 種類より量が目立ちますね :-x  フランスパンは歯が丈夫で無いと...味わい深いです。 :-P

    2011年9月3日9:35 AM | みのりん

  • ヨウさん、コメントありがとう :-D 夏休み、やっと終わりましたね~。ヨウさんのお店も大盛況だったんじゃないでしょうか?こんな食いしん坊旅のレポートでも、癒しと元気を与えられたのであれば、すごくうれしいです~。ほんと、お店顔出したいわぁ。団子はもちろんなんだけど、私、ヨウさんちの笹寿しのおいしさ忘れられません :wink:

    2011年9月3日10:50 AM | oi-pan

  • みのりんさん、コメントありがとう :-D 確かに、あちらのパンは大きさが半端じゃありません。向こうの方も、ダイエットなんか関係ないもんね~という感じの人が多いです。日本人のメタボなんて、可愛いものです。きっとこんなパンにバターやはちみつ、ジャムをたっぷり付けて食べてるんでしょうねぇ。私も何も気にせず、そんなふうに食べてみたいです。それまで、歯大事にしとかないと、ですね :!:

    2011年9月3日10:54 AM | oi-pan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

:wink: :-| :-x :twisted: :) 8-O :( :roll: :-P :oops: :-o :mrgreen: :lol: :idea: :-D :evil: :cry: 8) :arrow: :-? :?: :!: