sitemap

寺町大丸堂 ●石川県金沢市

 

 

 

 

 

 


ここは金沢市の寺町寺院群にほど近い住宅地。
いえ、美容院じゃありませんよ。地元のパン好き人ならだれもが知っているパン屋さんです。入口は少々わかりにくいのですが、正面左手の飛び石をつたっていくと…左の写真のような厨房兼店舗にたどりつきます。

2006年のオープン。店主の山下さんが55才の時、実家の美容院の一角に店を構えました。「デザイナーを経て、カフェバー経営、ホテルのレストラン厨房と食の世界に。厨房の仕事は過酷でしたし、その先の道を探していた時に兄のパン店を手伝うことになり、ひと通りの技術を身に付けました。いろいろなパンの作り方を知ってからは、自分の店では保存料や添加物を使わない自然に本来あるものでやっていこうと思ったんです」と山下さん。
開業を決め、核となる味を求めて県外のパン屋を食べ歩くうち、兵庫県の「ameen’s oaven」を知ります。店を訪れ、そのオーガニックなパンづくり、素朴でありながら厚みのある味わいに感動。「ご主人の人柄が素晴らしく、パンもしみじみおいしい。今もパン作りのお手本になっています」とのことでした。

偶然にも「ameen’s oaven」さんと同じ機種だったというオーブン

店内の棚には常時20~25種類が並びます。ほとんどが卵、乳製品、油を使わないシンプルなパン。国産小麦や南米の岩塩など素材も吟味されています。「いろんな塩を試してみて、自分の舌にしっくりきたのがこの岩塩。ピリっとした刺激がなく、まろやかな味です。くるみもえぐみのないフランス産を使用しています」と山下さん。ドライフルーツはラム酒に漬けこみ、ナッツは使う直前に煎るなど、丁寧な下ごしらえがその独特の味わいのベースになっています。




パンにはグリーンレーズンからおこした天然酵母を使用。粉はすべて北海道産の小麦粉です。カンパーニュ、りんごパンなど全粒粉を使った素朴な味わいのハード系パンも充実しています

 

 



唯一、サワー種で発酵するライ麦パンにもファン多し。しっかりした味わいはハムやチーズとにぴったり。粉のおいしさを活かした食パンは毎日食べても飽きません





くるみパン

酒飲みを自称する山下さんは、食事パンやおつまみパンの提唱者でもあります。ワインやビールと合い、スープやソースを付けてもおいしいパンが目指すところとか。

ナッツやドライフルーツなどの具材が、でしゃばらず小麦とバランスよくなじみ、それでいてそれぞれのパンに確かな存在感があるところに、料理人のキャリアの中で培った繊細な感性がうかがえます。

ひまわりの種と黒胡椒のパン

 

 

 







カシューナッツとカレンツ。切った途端に、小麦とラム酒の芳醇な香りが立ち込めます。生まれたての赤ちゃんのようなふわふわ生地に誘われて、ボリュームあるホールも一気に食べたくなる魅力的なパン!

 

 

 


道を究めるマイスター、寡黙な紳士といった風情の山下さんですが、パンを語る表情はそれはもう楽しそう!今後は通り沿いへと店を広 げ、時おりパンに合う料理も出せるスペースを、と構想中とか。お酒好き&元コックさんのパンと料理の店…想像するだけでもワクワクしませんか。
こんなお店が住宅街の路地裏にある金沢って、やっぱり面白い町だなと思います。

エントランスで見かけた看板犬のタラちゃん


※寺町大丸堂さんのパンはこの店舗以外に、市内武蔵ケ辻のめいてつエムザ地下1階「カジマート」(火・木曜)、安江町のギャラリー&カフェ「コラボン」(土曜)、高尾台の「JO-HOUSE」(火・金曜の17時30分頃)、新竪町の「タフタ」横のガレージ店舗(土曜12~18時)でも販売していますよ :-o




寺町大丸堂 (てらまちだいまるどう)
石川県金沢市寺町4-4-8
TEL  076-244-3461
11時30分~16時30分
日・月曜定休
駐車場1台
http://www.teramachidaimarudo.com/