sitemap

Baker’s Kichen aru ●石川県野々市町

金沢市のお隣の野々市に2010年9月にオープン。貴子さん・千恵子さん姉妹が切り盛りするパンと焼き菓子のお店です。白い壁、木の床、木をベースにした家具が置かれた店内は、優しい趣き。棚やカゴにのっかったパンもどこかおっとりとした表情です。

2人は能登の出身ですが、パン好きだった貴子さんがパンを勉強すべく東京に。「ブーランジェリ、カフェのパン作り、ごくごく普通の街のパン屋さんと、いろんなところで働いてみたんです」と淡々と語る経歴に、研究熱心ぶりがうかがえます。同じく東京でガラス工芸の勉強をしていた妹の千恵子さんは、ケーキ屋や和菓子さんでアルバイトをしながら、お菓子作りを覚えていったのだそうです。

お店を最初に持ったのは大阪。「東京の後、しばらく2人で梅田近くの中崎町周辺に住んでいたんです。そこには若い人たちが思い思いに営む個性的な小さなお店がたくさんあって。こんな感じなら私たちにもやれそう、と元ケーキ屋さんだった場所を改装してパン屋さんを始めたんです」。
1年たって手ごたえを得た二人は、かねてから念願だった地元リターンを決意。まもなくちょうどよい物件が見つかり、開店したのが今のお店です。

「昔ながらの住宅街にあった大阪のお店にはご年配のお客さんが多く、食べやすく親しみやすいパンを出すようにしていました。野々市のこのあたりは新しい住宅街ですが、その方針は受け継いでいます」と貴子さん。店頭には毎日20~25種のパンが用意されています。



 

 




あんぱんやクリームパン、食パンとソフトなパンがメインの場所に。左は早々に売り切れてしまうという「茶色のクリームパン」。黒みつ生地の中に、練乳入りのカスタードクリームが入った懐かしい味わいのパン




パンに使うのは国産小麦やミネラル豊富な赤穂の天塩、きび砂糖。天然酵母を使い、食パン以外はバターやミルクはほとんど使用していないとのこと。「ソフトなパンの油は、良質の太白ごま油がメイン。毎日身体に入るものだから安全安心なものを、そして何よりもおいしさが素材選びの基準です。やはり“おいしいが1番”ですから」。


「がっつりハード系ではないんですが」とひかえめに語る貴子さんですが、バケット、季節の素材を使ったカンパーニュ、エピなど天然酵母と小麦の滋味が味わえるハード系が揃ってます

 

 

 

自信作はマフィン。天然酵母を使った、パンに近い素朴な味わいが魅力。小ぶりであっさりとしているので何個もパクパク食べられそう

 

 



サクサクとしっとりのちょうど中間のスコーン

 








妹の千恵子さんが担当する焼菓子もバターを極力減らし、油分には酸化しにくい米油を使用。「あまりこってりしたお菓子は好きじゃないので」と、自分が食べたくなる味を再現したそう。
ほんのり甘く、食べた後、胃にもたれないほどよさ加減はoi-panもお気に入りです。

店内にはかわいいイートインがあるので、時間があればひとやすみを。
泡立ちコーヒーやカプチーノ、英国のハーブコーディアルのドリンクも楽しめます。

「これからは地元の野菜や石川県産の小麦も使っていけたら」とおっとりと語る貴子さん。
“素材重視”の考え方は、お店づくりやパンから静かながらも一貫して伝わってきます。

「完成品が雄弁に作り手を語る」。そんなお店のひとつです。


 

 

 


パンは自分でオーブンであたためて食べることもできます。
給食みたいなトレーがかわいい

 





Baker’s Kichen aru (べいかーず きっちん ある)
石川県石川郡野々市町1-37街区12 ヴィラージュ1F
(※2011年11月11日から野々市市に)
TEL  076-227-9215
7~18時
水曜・第4火曜定休
駐車場あり
http://bakeraru.exblog.jp/