sitemap

vol.7 ゲイトウ・アンデルスさん その5

Oi-pan interview パン屋さんの「なんでパン?」をうかかがいます。

●ゲイトウ・アンデルスさんのプロフィール
1976
年、フランス・パリ近郊に生まれる。
15
才でコロンビアへ。ベルギー人のピザ店でパン作りを覚える。
フランスへ帰国し、パンの学校で学ぶ。
「PAUL」などパリの数々のパン店で修業の後、コスタリカへ。
パンの行商をするうちに、直美さんと出会う。
イギリス・ロンドンに渡り、

ホテルや高級デリのベーカリー部門に勤務。
再びパリに戻り、パティシエの資格取得。
フリーのパン職人として働き、直美さんと結婚。
第1子誕生を機に直美さんの
故郷、粟津温泉に移住。
2008
年6月に現店舗をオープン。



その5

本当の豊かさとは

―    お店のお客さんを見てると、パンはもちろん、アンデルスさんに会いたくて来店されてる人も多いですよね。

アンデルス・・だとしたら、うれしいですね。「メティサージュ」(フランス語で交流という意味)という店名どおり、ここは誰でもが気軽に来られる地域のコミュニティースペースでありたいと思っています。ふらりと立ち寄っておしゃべりしていけるような。そこで元気になったり、寂しさを癒したり、つながりができたりするような。私はいろんな国々に行って「おいしさは世界に通じるコミュニケーション」だと感じました。パンをひとつのツールとして、みんなが身体も心も元気になれるよう、店作りやパン作りをがんばっていきたい。

店頭のテラス席でパンも食べられる。
地元在住の外国人交流イベントも随時開催している

 

 





―    そういえば、さきほど来られていた熟年のお客さんは「いつもかわいいね」とアンデルスさんに声かけてましたね :-o

アンデルス・・それ、よく言われる~(笑)。料理教室の講師などもよく頼まれるんですが、最近依頼された男性のための料理教室へのお誘いの理由、何だと思いますか? 
「なんか面白そうな男やから」だって(笑)。


このいかにも楽しそうな様子!
確かに、講師を依頼する人の気持ちがわかります

 

 

 

 

 

 

―    やっぱり、すっかり地元人の懐に入ってますね~ :-D
パリからコスタリカ、コロンビア、イギリス、そして日本へと、留まることを知らずに挑戦してきて、日本は3年め。アンデルスさんにとっては長い滞在になりましたね。日本は居心地がいいんですか?

アンデルス・・いや、来た当初はほんとうに戸惑ったんです。今まで行ったどの国とも違う。
日本ほど「自分は外国人なんだ」と意識させられたことはなかった。
人が何を考えているか、とてもわかりにくい。初めてのアジアということで、ミステリアスでしたね。

―    日本人は言っていることと思っていることが違うことが多いですからね。

アンデルス・・でも、そうした文化が少しずつわかってくるようになると、面白くなるんです。私はすごくポジティブシンキングな人間ですから、そうした違いさえも楽しんでしまうタイプです。
他文化で生きていくためには、その国で暮らす人たちのロジック、つまり考え方の道筋を知ることが大切です。それを理解するまでは大変ですが、ロジックを知れば納得できるようになります。「そういうプロセスを経て、ああした行動をとるんだ」とね。

―    なるほど~。ロジックですか。

アンデルス・・私は行った先の国々で自分をまずゼロにします。そしてその国の文化・ロジックを吸収していきます。違う価値観・新しい文化の発見は私にとって非常にワクワクする体験です。

―    確かにものすごくポジティブ! 自分の価値観を貫くと思っていたヨーロッパの方が、そんな柔軟性を持っているなんて、驚きです 8-O

アンデルス・・私の場合は特殊かもしれない。そうしないと生きてこられなかったからね。
最近、私は日本人特有のよさをすごく感じるようになりました。震災後のみなさんのお互いへの思いやりと助け合いには感動しましたね。もっと身近なところでは、直美と私のまわりの人々からも、すごくあたたかい心づかいを感じます。日本に来て、”精神の豊かさ”というものを知った。いろんな人間のずるさや汚さも見てきた自分自身の体験から言えるのは、「軸がしっかりしている人間は強い」「本当に大切なものは信頼できる人たち」。
だからここでは得るものも多いし、やりたいことがどんどん湧き出てくるんです。



(アンデルス
さんのインタビューはこれで終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうごさいました)