sitemap

vol.8 ほしのあき さん その2

Oi-pan interview パン好きの「なんでパン?」をうかがいます。

ほしのあきさんのプロフィール
石川県珠洲市出身・金沢市在住。38才。
関西外語短大卒業後、大阪で福祉関係の仕事に就く。
24才の時にインドに渡り、マザーテレサの関連施設でボランティアとして働く。
帰国後、石川県内の福祉関係の仕事、ピースボート乗船を経て、
2007年に旅カフェを開業。現在に至る。
出店予定などは⇒「旅カフェ.com」

 


その2

移動カフェ、オープン!

―       半年のインド生活から帰ってきて、またもとのお仕事に戻ったんですか?

ほしの・・・マザーハウスでは「わざわざここまで来なくても、すぐそばにあなたの救いを求めている人はいるだろうし、そこでも愛のある輪を作ることができるのよ」というお話をいつも聞いていたので、
「よっしゃ、日本に帰ったら、インドで感じたこと、体験したことをもとに実践しよう」
と考えてました。それでまた帰国してから福祉の仕事に就いたんです。

―       石川県に戻られたんですか?

ほしの・・・ええ、能登の福祉施設で2年働き、金沢の福祉関係の仕事へ。でも、ある時ふと「私はこのまま福祉の仕事だけをやっていていいんだろうか? 何か自分にしかできないことはないんだろうか?」と思うようになって…。その頃、フェアトレードショップを運営していた小浦むつみさんと出会い、活動やイベントにも参加するようになっていました。そのうち、それがだんだん楽しくなっていったんです。

―       ふむふむ、移動カフェにだんだん近づいてきたぞ :-o

ほしの・・・そして、30才でピースボート※に乗りました。ピースボートって、自主企画を作って、好きなことができるんですよ。その中で、フェアトレードの意義や、フェアトレードをもっと普及させたいという思いをうわーっと発表しまくりました。そしたら思ったよりも反響が大きくて。私の言うことに耳を傾けてくれる人が予想以上に多かったことが、とてもうれしかった。同時に、私が今まで学んできたこと、感じたことをみんな意外と知らないことに驚いてよし、これからはファアトレードをアウトプットしていく仕事をしてこう」と決心したんです。船を降りてからは「どうやってアウトプットしていけばいいのか?」とまた悶々と考える日々が続き…そして、その2年後に旅カフェを開業することになったんです。

ピースボートとは、船旅を媒介にした国際交流をテーマとするNGO活動。

―      旅カフェを始めたのは何年でしたっけ?

ほしの・・・2007年です。

―      何かモデルはあったんですか?

ほしの・・・開店する数年前からイベントでフェアトレードコーヒーのショップを出店するようになっていて、「こういう形態って、楽しいなぁ」と。でも固定店舗にするには予算的に合わない。それとイベントの時みたいな、お客さんがワクワクするようなスタイルのお店ってできないかなぁとも考えていたんです。
ふと頭に浮かんだのが”移動カフェ”。以前、東京の自由ケ丘の駅の近くに有名なワーゲンバスがあって、それを初めて見た時に「わぁ、こんなのあるんだ。可愛いなぁ」とすごくびっくりして、それ以来なんとなく忘れられなかった。頭の片隅にずっと残っていたんですね。

―      旅カフェ開業の一番の目的は、フェアトレードを知ってもらうことだった?

ほしの・・・旅カフェはフェアトレード・コーヒーをまずメインに考えました。コーヒーはフェアトレード商品で最も代表的なものですし、コーヒーはみなさんの生活に密着したものだから、より受け入れてもらいやすいんじゃないかなと思って。

―      なるほど。

ほしの・・・今になって思い起こすとこんな経緯だったという感じですが、移動カフェについて何も知らないまま始めて、思いつくままにやったというのが本当のところです(笑)。

―      思いついたら、とにかくやってみるという人なんですね、素敵 :-D
ところで、この車、すごく可愛いんですけど、改造されたんですか?

 

 

 

 

 

 

ほしの・・・はい。車をワーゲンバス仕様に改造する会社をネットで見つけて、そこにお願いしました。ごく普通のバンをこんなふうにカスタマイズしてくれるんですよ。色やランプなどオプションで選べます。

―      え~、こんなに可愛くなるんですね。いいなぁ。

ほしの・・・でも、さっき言ったように移動カフェについて何も知らなかったので、最初は移動販売マニュアルみたいなものを買って、勉強しました。内装はこうしたほうがいいとか、お客さんへの対処法とかも書いてありましたしね。

―      最近はよく見かけるようになりましたが、2007年当時は珍しかったですしね。お手本もあまりなかったのでは?

ほしの・・・東京とかの大都市圏にはたくさんありましたが、県内では2、3店でしたね。あっても焼き芋やたこ焼の移動販売車で、車を可愛く改造したお店は珍しかったです。

―      オープンの際に打ち出そうとした”自分のお店らしさ”ってありますか?

ほしの・・・自由が丘で見たワーゲンバスのイメージが忘れられなくて、それがベースになってます。一見して可愛くて、親しみやすい手作り感があること、お客さんが立ち寄りやすいように看板やポップを素朴で愛着を感じられるような作りにこだわりました。

―      実際にお店をやってみて初めてわかったことも多かったでしょうね。

ほしの・・・そうなんです。マニュアルに書いてないこともたくさん起こるし、お客さんの反応も本通りじゃないですしね。でも、予想を超えた出来事や反応が逆に楽しかったですね。2年前ぐらいまで日々の体験がすごく新鮮で面白くて「私、移動販売の本書けるんじゃない?」と思ったりもしました。お客さんからも、どうやったらやれるの? とよく聞かれますしね。

―      その中でのエピソードを教えていただけませんか?

ほしの・・・うれしい発見は、いろんな場所に移動していくスタイルなので「固定客ってできないんだろうな」と思っていたのに、私を追いかけて来てくださる方も結構いらっしゃる(笑)。

―      移動するお店にお客がついてきてくれるんですね。移動カフェの”おっかけ”ですね。

 

常連の画家さんが描いた似顔絵、ほしのさんへの愛が感じられます

 

 

 

ほしの・・・もうひとつ大きな発見がありました。開店する際は、同業者の方から「ドリンクメインの移動販売なんて、絶対無理だよ」ってすごく言われたんです。最初のころはやはり売り上げが伸びなくて「やっぱりダメなのかなぁ」と悩んだ時期もありました。でも、よく考えてみると、このお店ではオーダーを受けてから作るスタイルなので、ほとんどロスがないんです。
食べ物の移動販売だと、ある程度の作り置きが必要になってくるので、結構捨てたりしなきゃいけない、という話も聞いたことがあります。そうした無駄を出さなくてもいい点も、ストレスが少なくて気にいってますね。

―      ストックを作らずに、無駄を極力減らしているんですね。

ほしの・・・それと、飲み物は温・冷を揃えておくと、季節を問わず、需要があるんですよ。お客さんも「お腹いっぱいだけど、飲み物だと何杯も飲めるよ」と言ってくださいますしね。
今では「ドリンクメインでよかった~」と思ってます。

―      旅カフェさんで提供するメニューにはどんな特徴があるんですか?

ほしの・・・フェアトレードの素材を使うこと、できるだけオーガニックのものを使うことですね。牛乳の替わりに豆乳を使っています。ドリンクのほかに、少しですがお菓子も販売しています。私の手作りのものもあるんですよ。牛乳でなく豆乳を使ったお菓子は牛乳のアレルギーのある方に喜んでいただいてます。そんな少数派の方に喜んでいだたくと、私のツボにハマるんです。私が昔からいじめられっ子だったせいもあるのかな。大勢の方に受け入れられるものじゃなくて、牛乳の入ったお菓子を食べられず困っていたひとりのお客さんの喜ぶ顔に「よかった~!」と心の底から思えるんですよね。

 

人気メニューの黒みつ豆乳ラテ400円。
身体の内側からほこほこあったまるドリンク。
使っている黒みつは、
フェアトレードのマスコバド糖を煮詰めて手づくりしたもの

 

 

―      フェアトレードの普及と同時に、アレルギーに悩む人たちが安心して食べられる物を提供していきたいという思いがあるんですね。

ほしの・・・オーガニック素材は、最初は食べる人のことを考えて提供していました。でも、無農薬素材を使うことで、作る人の健康や農場の土壌汚染にも配慮していることになるんですよね。そう考えると、オーガニックの商品が割高でも、少々のお金をプラスするだけで、すごく人や地球に貢献することになる。農薬を使わずに手間暇かけて農業をしている農家さんも応援していきたいですしね。

 

(つぎに続きます!)