sitemap

本日から5日間連続で、
「パン屋さんのお話」VOL.8がスタートします :-D
ゲストは「ネテ製穀」さんの浦辺千寿さん。

太陽のようなおおらかな人柄と、
しっかりと根っ子のある考え方を持つ若き女性です。
七尾で農業と営みながら、
素材や製法を独自に工夫したパンを作っておられます。

6月のお知らせでもご紹介した
「雑貨×作家マーケット」
6月16日(土)、17日(日) 10~18時
場所:金沢駅もてなしドーム 地下イベント広場

にも、出店されるので、
行かれる方は、その前に読んでいただけるとうれしいです ;-)



すでにパン好きなら、ご存じの方を多いとは思いますが、
あらためてご紹介しますね
5月29日にオープンしたばかりの「ブーランジェリ シエンブラン」さんです。

オーナーの南さんは、あの「アルムの森」で修業された方。
お店でお話を聞くたびに、そのパンに賭ける情熱に感心していたものです。

念願のお店はご覧の通り、白いフレンチブルドッグが目印。
南さんが犬年なこともあり、かつて飼っていた犬を思い出してモチーフにしたのだとか。ちなみにシエンブランは白い犬という意味。

私は開店日の開店時間に1番乗りを目指して来店したのですが、
あいにくと4番めぐらいでした。
やはり、上には上のパン好きがおられるんですね :-|

店内は小さなスペースながら、パンがびっしりと並んでいて、選ぶ楽しさ満点。

開店から10日後ぐらいに再び行ってみると、私の大好きなハード系もたっぷり揃ってました

こんな食事パンや

 



 

 

もちもちのベーグル。 早くもベーグラーの注目の的です

 

 










ハード系になじみのない方は、甘いクロワッサンやメロンパンなど、
さっくりとした上品な菓子パンはいかが?
夕方になると、お目当ての近所の保育園帰りの親子連れが、
たくさん来店されるそうですよ。










 

 










こうした甘系のパンはこれからもどんどん充実させていく予定とか。
フランスの香りのするシエンブランさんのパン、
またまた私たちのパンの世界を広げてくれそうです。
※シエンブランさんは、後ほど「お店紹介」でも詳しくお伝えしますね


■ブーランジェリ シエンブラン
野々市市押野1-393-103
076-259-5501
8~19時
月曜・第3日曜定休