sitemap

vol.9 小寺美希さん その3

Oi-pan interviewパン好きの「なんでパン?」をうかがいます。

 ●こでらみきさんのプロフィール
石川県小松市出身・金沢市在住。32才。高校在学中にアメリカに長期留学。
高校卒業後、ニューヨーク・ブルックリンのアートスクール「Pratt Institute」で、グラフィックデザインを2年余り学ぶ。
日本では服部栄養専門学校・夜間部のパティシエ・ブランジェコースを修了。その後、昼は「NTTインターコミュニケーション・センター」メディアアートの広 報アシスタントとして働きながら、夜は「ブランジェリー ブルディガラ」や「スープストックト−キョー」で働く。その間、武蔵野美術大学通信講座のコミュニケーションデザインコースで2年学ぶ。
結婚・出産を機に地元へ。2011年11月、ご主人とともに金沢市香林坊せせらぎ通りに「CAFE DUMBO」オープン。


その3

自由自在な雰囲気を再現

―   お店にDUMBO(ダンボ)という、ニューヨーク・ブルックリン地区にあるエリアの名前を付けたのは、その雰囲気が好きだったから?



 

 

 

 

 

 




小寺・・・DUMBOは今でこそ、ニューヨークの先端のアートや文化を発信してる話題のエリアですが、私が住んでた頃はちょっと怖い感じの場所でした。使われてない工場や倉庫が並んでて殺風景で、一人で歩けないような。でも6年ぐらい前に主人と行った時には、それらが次々とリノベーションされてマンションやアトリエに変りつつある最中だったんです。

―    そのエリアが有名になってきたのは最近のことなんですね。実際に見て勢いを感じましたか?

小寺・・・驚きました!「すごい変わってきたな」と。行った時にはまだ少なかったですが、倉庫を改装したカフェや家具店がすごくいい感じになってた。

 

 

 

 

 

 

 

 


―    お店の名前を決める時、その時の強い印象が頭に残ってたんですね :-o

小寺・・・カフェをやろうと決めてから、主人と二人で「ニューヨークっぽいカフェにしたいね」とは言ってたんです。でも名前はなかなか思い浮かばなくて。
ある時、その旅行の写真を何気なく見てたら、「あ、DUMBOっていいんじゃない?」って、なんとなく決まりました。考えてみると、このお店の前に橋があるところも、マンハッタン・ブリッジのたもとにあるDUMBOと雰囲気が似てるし。お店の造りも、あのエリアにある倉庫リノベみたいな感じを漠然とイメージしてたし。

―    住んでた美希さんはともかく、ご主人もニューヨークに魅せられてしまったんだ。

小寺・・・主人にとっては初めての海外旅行先がニューヨークだったんで、衝撃的だったと思います。
二人で旅した時も、定番観光スポットじゃなくて、ちょっとコアな私のおすすめスポットを案内しましたから。倉庫を改装して住んでる友達の家なんて、外壁にロッククライミングができる足場をつけてあったり、部屋の中にヨットをぶら下げてあったりするんですよ!

―    すごい空間。すごい自由度 8-O

小寺・・・倉庫なのに殺風景じゃなくて、逆にその人らしさを感じさせるんです。

―    日本だとそこまで自由にやってる人、少ないですよね。必ず“なんとか風”になっちゃう。

小寺・・・私たちのお店には、DUMBOの倉庫の自由な雰囲気や、友人のリビングっぽい親しみやすさを加えたかったんです。

―    お店を作る時、ニューヨークらしさをどのあたりに出したんですか?

小寺・・・ガラス面に文字を書いたり、外向きのカウンターを作ったり、ソファーを置いたりとか。まだまだやれてないことも多いんですけどね。商品もガラスケースの中にキレイに陳列するんじゃなくて、どさどさっと無造作に置いたりとか。


 

 

 

 

 

 

―    DUMBOさんに欧米人のお客さんが多いのは、どこかニューヨークっぽい香りを醸し出しているからなんでしょうね。

小寺・・・少なくても1日1組は来られるから、どこかに雰囲気を感じてもらえてるんでしょうね。

 (つぎに続きます!)