sitemap

vol.9 小寺美希さん その5

Oi-pan interviewパン好きの「なんでパン?」をうかがいます。

●こでらみきさんのプロフィール
石川県小松市出身・金沢市在住。32才。高校在学中にアメリカに長期留学。
高校卒業後、ニューヨーク・ブルックリンのアートスクール「Pratt Institute」で、グラフィックデザインを2年余り学ぶ。
日本では服部栄養専門学校・夜間部のパティシエ・ブランジェコースを修了。その後、昼は「NTTインターコミュニケーション・センター」メディアアートの広 報アシスタントとして働きながら、夜は「ブランジェリー ブルディガラ」や「スープストックト−キョー」で働く。その間、武蔵野美術大学通信講座のコミュニケーションデザインコースで2年学ぶ。
結婚・出産を機に地元へ。2011年11月、ご主人とともに金沢市香林坊せせらぎ通りに「CAFE DUMBO」オープン。

その5

ニューヨークのベーグル、日本のパン

―    小寺さんは一時はパン屋になりたいと思ったほどですから、相当なパン好きとみました 8-)

小寺・・・地元にいた時はそれほどパンは好きじゃなかったんですが、ニューヨーク時代はベーグルのお店めぐりをしたりしてました。東京でおいしいパンを知ったのも大きかったですね。

―    東京ではどんなパンがお気に入りだったんですか?

小寺・・・住んでたところの近所にとってもおいしいパン屋さんがありました。全然有名じゃないけど、近所では評判みたいな。棚に並んでる食パンが全部予約済になったりしてて、予約しないと買えないぐらいでした。

―    なんていうパン屋さんですか?

小寺・・・久我山の「ラパン」です。小さなお店ですが、食パンがすごく美味しかった。ほかには、働いてた「ブランジェリー ブルディガラ」「ジョエル・ロブション」「メゾンカイザー」のパンが好きでしたね。

―    東京有名ブランドパン店に並ぶ美味しさの「ラパン」、ぜひ行ってみたいですね 。
では、これはどうしても聞きたかった、ニューヨークのベーグルについての素朴な質問。
やっぱりおいしいんですか :-?

小寺・・・おいしいです!

―    日本で売ってるベーグルと違いはあるんですか?

小寺・・・違います!(きっぱり)

―    どう違うの?

小寺・・・もっちりしているんです。それでいてシンプル。シンプルなのにおいしい。

―    シンプルっていうのは、何も入ってないってこと?

小寺・・・日本のベーグルのように種類はないです。生地はプレーンや、”エブリシング”というオニオンやポピーシードなどのトッピングをまぶして焼いたもの。それにクリームチーズ、サーモン、玉子、ハムをはさむぐらいのアレンジです。

―    日本のベーグル屋さんで、ニューヨークに近い味のお店ってありましたか?

小寺・・・唯一、笹塚にあった小さなデリのベーグルが一番近かったかなぁ。よくオーナーさんがニューヨークに行ってて、帰ってきた時だけ営業してる、という形体のお店でした。

―    ベーグルについてはパン屋さんから「本場のベーグルを食べたことがないから、自分が食べたいベーグルを作ってる」というお話をよく聞きます。

小寺・・・日本で作られてるベーグルももちろん美味しいんです。でもニューヨークにいたことがある人たちは日本のベーグルを食べると口を揃えて「違う」って言います。違いを知る意味でも、パン屋さんたちにぜひ食べてみてほしいですね。

―    何かが違うんですね。

小寺・・・皮かなぁ。皮がおいしい。サイズは大きいのに価格は安いです。ベーグル4つ買うと、クリームチーズ1個がタダでもらえたりして。

―    へぇ、日本よりもっと気軽なものなんですね。おにぎりみたいな。

小寺・・・おにぎりとまではいかないけど、みんな朝、ささっと買って出勤していきます。

―    自分で作ってみたことはないんですか?

小寺・・・ありますが、なかなかうまくできないんです。何かが違う・・・

―    日本にいると、その味が懐かしくなったりします?

小寺・・・やっぱり、なりますね。

―    ところで、金沢では好きなパン屋さんありますか?

小寺・・・「Boulangerie YAMANEKO」さんです。デニッシュ系、ハード系が好きですね。私オリーブが好きなので、それが入ったフォカッチャも好きです。東京では、YAMANEKOさんのご主人が働いておられた「ジョエル・ロブション」大好きだったので、その流れを踏襲しているところがいいなと。

―    DUMBOさんでは、YAMANEKOさんの全粒粉食パンのサンドイッチが食べられるんですよね。

小寺・・・ええ、そうです。でも、YAMANEKOさんに巡り合うまで、ちょっとしたエピソードがあるんです。
YAMANEKOのご主人がロブションにいらしたことを知って早速行かなきゃと思ったんですが、1回目はお休み、2回目は売り切れで閉店、3回目の正直でやっと買えたんです。あまりの期待に、帰宅してから食べるのが待ちきれなくて、車中で食べてしまって・・・
でも食べてすぐ「あ、この店だ」と即決しました。その足でお店に戻って「あの~」と切りだした時の、奥さんのすごく怪訝そうな顔! 今でもよく覚えてます(笑)

―    そりゃそうですよ :lol:  買ってすぐだし「何かあったのかな?」と思っちゃうでしょ。

小寺・・・驚いてる奥さんに唐突に「すごくおいしかったんで、サンドイッチに使わせてもらえないか」とお願いしてみました。そのうち、自分がロブションのパンのファンだということ、ブルディガラ時代の友人がロブションに就職してて共通の知人だということで話が盛り上がってすぐにOKしていただいたんですけどね。

―    そうなんだ~。3度目の正直! ご縁がある時は結局はつながりますよね。


YAMANEKOさんの全粒粉食パンのサンドイッチ・その1。
ブラックペッパーのスパイシー風味をきかせたパストラミビーフサンド







 
その2。赤パプリカとチェダーチーズをはさんだグリルドチーズのサンド

 

 

 

 


(つぎに続きます!)