sitemap

vol.9 小寺美希さん その6

Oi-pan interviewパン好きの「なんでパン?」をうかがいます。

●こでらみきさんのプロフィール
石川県小松市出身・金沢市在住。32才。高校在学中にアメリカに長期留学。
高校卒業後、ニューヨーク・ブルックリンのアートスクール「Pratt Institute」で、グラフィックデザインを2年余り学ぶ。
日本では服部栄養専門学校・夜間部のパティシエ・ブランジェコースを修了。その後、昼は「NTTインターコミュニケーション・センター」メディアアートの広 報アシスタントとして働きながら、夜は「ブランジェリー ブルディガラ」や「スープストックト−キョー」で働く。その間、武蔵野美術大学通信講座のコミュニケーションデザインコースで2年学ぶ。
結婚・出産を機に地元へ。2011年11月、ご主人とともに金沢市香林坊せせらぎ通りに「CAFE DUMBO」オープン。


その6

ニューヨークの日常のスイーツを

―    店頭のスイーツは、カップケーキ、スコーン、ブラウニー、ケーキといろいろと揃ってますね。これからさらに展開があるとすると・・・

小寺・・・お菓子をもっとニューヨークっぽい感じにしていきたいです。
でも、私がアメリカにいたのは10年以上前なんで、最近、記憶が結構薄れてきたのが気になってて・・・お店のアメリカ人の常連さんで、むこうのベーカリーで働いていた人に製法についていろいろ聞いたりしてたんですね。そしたら「ケーキバイブル」という分厚い本をプレゼントしてくれたんです。アメリカのお菓子作り愛好家の間でベスト! といいわれてる本みたいです。すっごく参考になるんですが、日本で手に入る材料が限られるところもあって、いろいろ試行錯誤してる最中です。
















―    今のアメリカ、ニューヨークのお菓子も取り入れていこうとしてるんですね。

小寺・・・ニューヨークはまだまだカップケーキが熱いらしいですから、やはりカップケーキに力を入れていきたい。

―    カップケーキ、いいですね~ 8-)  雑誌やテレビで見てて、さぞかしこってり甘いだろうなぁと変な先入観があったんです。でも、DUMBOさんのカップケーキを食べてみると、確かにパンチのある甘さだけど食後に口に残るべったり感がない。近頃の甘さひかえめのあいまいな味のケーキより、ずっといさぎよさがあると思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 


小寺・・・
ありがとうございます。私は日本に多い上品なケーキじゃなくて、ニューヨークの日常の味を再現したいと思って作っています。あと、コーヒータイムケーキも提供していきたいですね。

―    コーヒータイムケーキ? コーヒーを入れたケーキですか?

小寺・・・じゃなくて、コーヒーに合うケーキのことです。コーヒーケーキとも言われてます。たぶんスターバックスぐらいでしか、まだ出してないんじゃないかな。

―    どんな特色があるんですか?

小寺・・・主にバターケーキやパウンドケーキですね。甘塩っぱいものもあったりします。いわゆるケーキ屋さんにはあまり並んでないような、カジュアルで家庭的なケーキです。

―    欧米のホームパーティでふるまわれるような?

小寺・・・そんな感じですね。日本ではまだ知られてないので、もっと増やしていきたいと思ってます。あとはオープン以来ずーっとあたためにあたためてる、シナモンロールの完成を目指してます。

―    どんなシナモンロールですか?

小寺・・・シナボンってご存じですか?アメリカやハワイにあるシナモンロールのチェーン店です。

―    初耳です :roll: 名前がバカボンみたいで面白いですね。

小寺・・・そのシナボンの前を通ると、シナモンロール特有の香りがプンプンして、食べずにはいられない気分になっちゃうんですよ。上にふわふわのクリームチーズフロスティングがのっかってて、いつも焼きたてのあったかいのが食べられるんです。そこのシナモンロールみたいなのを作りたいなと。

―    北欧のとは全然違いますね。ふんわりしてないし。

小寺・・・アメリカのシナモンロールはふわふわしてます。それがなかなかうまく再現できない・・・

―    完成目標はいつごろ?

小寺・・・今年のクリスマスぐらいまでには。たぶん毎日は提供できないので、週末限定とかでやれたらいいな。アメリカ人のお客さんがいろいろアドバイスしてくれるから、きっと大丈夫です!

―    お~期待してます :-)  それと私がDUMBOさんに来るとつい買ってしまうのが、90セントクッキー。留学時代の学食にちなんだスイーツなんですよね。

小寺・・・そうなんです。高校のカフェテリアのレジ横にいつも焼きたてが置いてありました。ランチを食べてお腹いっぱいなのに、焼きたてのいい匂いに誘われてついつい買ってしまう。1ドル出すと10セントおつりが帰ってくるから、お得感もあるし。うちで出してるのよりもさらに大きかったです。毎日食べてると太っちゃうんですけどね。

―    それはツボを押さえた売り方だなぁ :mrgreen:

小寺・・・あの時のクッキーをお店のレジ横でも再現したくて始めてみたんです。























―    そんな思い出の光景や味も、お店のテイストに取り入れていってるんですね。
ニューヨークに旅してから、年数がたちましたが、機会あれば行ってみたい?

小寺・・・行きたいですねぇ・・・家族が増えて、子どもがまだ小さいし、行くとなったらかなり思い切りが必要なんですよね。でも海外の友人とメールでやりとりしてても、今ひとつ現状がよくわからないし。来年あたりは絶対行きたいですね。

―    行ってきたら、またガラリと変わりそうですね。

小寺・・・今のお店にはまだ足りないものがいっぱいあるから、いろいろ仕入れてきたいです。ニューヨークのカフェにも行きたいし。

―    ぜひ行ってきて下さい :lol:

 

(小寺さんのインタビューはこれで終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうごさいました)