sitemap

アリスファームキッチン ●石川県金沢市

 

 

 








オープンは’92年。商業施設が集まる金沢市有松エリアにお店を構える老舗ベーカリーです。
目印は右外にある「手づくりパンの店」と書かれた大きな看板。多くのお客さんを迎え入れてきたおなじみの木の扉が、味わい深く風合いを増しています。

中央平台の上には、豆パン、クリームパン、ベーグル、チーズを使ったパンなど、大人も子どもも食べたくなるような親しみやすいパンが並びます。右の棚には、バゲットや天然酵母のパン、フォカッチャなど、パン好きが吟味するパンが。冷蔵庫にはカスクルートやボリューミーなサンドイッチを揃え、ランチ時のお客さんの足を止めさせます。

 
アリスさんといえば、リュスティックやフォカッチャ、スコーン、ベーグル、ライ麦パンなどの海外発信のパン、そして天然酵母パンと、今に至るパンの潮流をいち早く届けてくれた先駆者的な存在。私にとっては、いつも行くたびに新しい発見があり、パンを食べる楽しさにハマるきっかけを与えてくれたお店のひとつでもあります。
店主の内籐さんは、ピアノ調律師から転職し、パン職人になったというユニークな経歴の持ち主。20数年前の当時、神戸から先端のパン技術を持ち込んでいた金沢の「ドンク」に入社し、約4年間その腕を磨きました。’92年にお店をオープンしてからも、東京や神戸の有名店や講習会に何度も足を運び、パン技術を積極的に吸収していきます。10数年前にはフランスの国立製菓製パン学校の1ケ月研修を受講したり、イギリスで本場のスコーンを学んだりと、お話を伺いながらパンへのひたむきな情熱に圧倒される思いがしました。



内籐さんがドンクに入社した頃は、まだそのレシピが公開されていなかったというリュスティック。お店登場した当初は、外側はカリッ、中身はモチモチの食感に驚かされたものです。

今ではすっかり市民権を得て人気パンのひとつに。お店には、カシューナッツ、マカダミアナッツ、くるみと種類豊富に揃ってます

 

 


あんことミルククリームのブリオッシュ。最近ブリオッシュ生地の製法を変えたとのことで、リッチなしっとり感やコクが一層増していますよ


















素材がひと目でわかる楽しく、お洒落なデザインもこのお店のパンの特徴。
お惣菜系、お菓子パンのどれもがひとつひとつ独自の世界を作り上げています。


華やかなバラエティパンとともに、アリスさんのもうひとつの柱となってるのがバゲット。多くの市内レストランでも使われ、バゲットファンにも高い評価を得ています。内籐さんの思い入れも深く「バゲットをたくさん焼きたいから」との理由で2店舗を作ってしまったほど。でも、もう何年もの間、いろいろと試行錯誤を続けていても、「これで完成した」と思ったことはないそうです。


現在のバゲットは、イーストを少なくして、長時間低温発酵させる製法を採用。
こうすると、甘みが強く、中身がもっちりとした“日本人好み”のパンになるとか







「家庭で使うシンプルな素材を使って、家庭で作れないようなおいしいパンを提供する」をモットーに歩んできた内藤さん。その極意は、発酵技術にあるといいます。同じ材料を使っていても、酵母の扱い方でパンには各段の風味の差ができてしまうとも。
「毎日酵母と向き合ってパンを作っているけど、全然飽きないですね。いつまでたっても全てがつかめないから」。
その表情はなにやら楽しげ。酵母と対話しながら、今日のパン、明日のパンを見つめる内籐さんの手から、まだまだどんな革新的なパンが作り出されるのか…パン好きは目が離せそうもありません。

 

 

 


アリスファームキッチン
石川県金沢市有松5-10-24
TEL  076-243-2625
7~19時/火曜定休

駐車場3台