sitemap

東京タビ2日めは、代官山と渋谷がメイン。
まずは、読書好きの娘のたっての希望で「蔦屋書店」に行きました。


DAIKANYAMA T-SITEというスペースに、
テーマ毎に分かれた3つの蔦屋書店の棟や、ペット同伴OKのカフェ、レストランやバー、自転車ショップや輸入おもちゃショップなどが点在。
芸能人やスノップな業界人もよく目撃されているというオサレな一角です。

蔦屋というのは、あのTSUTAYAのことで、
「大人も楽しめる書店」を目指す社長さんが夢を具現化したお店、とのこと。
目玉は、購入前の本を持って、
店内のラウンジやスタバで飲食が楽しめるところですかね。
確かにコーヒー片手にリラックスしながら読書している人でぎっしりです。

「人文・文学」「料理・旅」「デザイン・アート・建築」に分かれた、
本ブースの品揃えはまあフツーという印象。
木立に囲まれた上質な空間で、
本とともにくつろぐ、落ち着いた雰囲気を楽しむ、
というのが、ここにわざわざ来る目的でしょうね。

私たち二人がホントに満足できたのは、
その近くのヒルサイドG棟B1階にある「ヒルサイドパントリー」
輸入食品のショップ、デリ、ベーカリー、イートインからなり、
食品好き、パン好きにはこたえられないお店です。

デリのお惣菜と自家製パンのリーズナブルなランチも美味
これはローストビーフとアボカドのサラダ添え。
皮まで美味しいパンはオリーブオイルとの相性が抜群でした。


評判の発酵バターのクロワッサンももちろん購入。
自然な甘みが美味しい~


オープン17年にして衰えないその人気の秘密がわかりました


そして午後は渋谷へ。
やっぱりここでしょ…「ヒカリエ」。




もう、このビル内の人口密度の高さといったら、尋常ではありません
地方人は、もうそれだけでグッタリきてしまうのですが、
B2階のスイーツフロアに行くと、俄然元気が出てきます

ピエール・エルメ、青木 定治、鎧塚 俊彦辻口博啓など、
今をときめくスイーツの名手のお店がズラリ
ジュエル・ロブションや濱田家などパンの名店も見逃せません。

そしてうれしいことに期間限定コーナーには、
oi-panもファンのお菓子研究家、
いがらしろみさんの企画ショップが出店中ではありませんか
早速、ここで人気のコンフィチュールと、
ろみレシピのスコーンをGET。

左はヒカリエ限定、ロミユニのコンフィチュールを使ったもの。
右はスタッフオススメのチョコバナナ。
生地の外側は固めでしっかりしているのに、中はしっとりとしていて、
そのバランスがいい感じ。優しい甘さがとっても好みでした。


ヒカリエではほかに、「サンキャトルルヴァン」というお店で、
お洒落な見た目に魅かれて、キューブケーキを買いました。

味は可もなく不可もなく…あまりインパクトはなかったかな。
私には1個1個が可愛いサイズ過ぎたので、
もっと大きめを食べてみたかったです。


そんなこんなで夜の東京駅へ。
疲れた体をひきずっての最新巨大駅がつらい…
広すぎて何がどこにあるんだか

でも、創建当時に再現されたばかりの東京駅は、
ヨーロッパのお城や教会のように美しかったです

このおさえめライトアップがかえって上品

3月にオープンしたばかりの日本郵便の商業施設「KITTE」にも、
寄ってみればヨカッタかな。
フチだけの超省エネライトアップが素敵です。


こうして記念撮影なんぞしたり、オアゾの丸善に行ったり、
駅チカで休憩したりしているうちに、なんとなく時が過ぎ、
(オープン間もないiiyo!1階「メゾンカイザーカフェ」にも行きたかったけど、
日祝は閉店時間が早いのでした、残念)
バス出発時間の22時に。
帰りは3列ゆったりシートだったので、4列だった行きより眠れました
でも、高速深夜バスはもう卒業、かもね。

スカイツリーにも、30周年のディズニーランドにも行かなかった東京タビ。
果たして娘にはごほうびになったんでしょうか?
私はしっかり満喫しましたけど


私事ですが、娘が無事高校合格いたしましたので、
ごほうびの東京旅に行ってまいりました
とはいえ、なにかと物入りなこの時期、
あの悪名高い深夜高速バスにての弾丸ツアーとなりました

早朝、新宿駅に着いた私たちはまず、駅横のルミネ2へ。
お目当てはスイーツ朝食で人気の「サラベス」
シャッターの前には、7時すぎだというのにすでに6人の列が…
さすが行列好きの東京人です。

8時になり、警備員さんがルミネのシャッターを開ける頃、
私たちの背後は長蛇の列になっていました。

お店はエスカレーターを上った2階。

店頭でさらに1時間並んでいる間に、メニューに目を通します。
ニューヨーク発祥のサラベス名物「スイーツ・ブレックファスト」の
いわれも読むことができます。

メニューの緑の部分がオススメ。
中でも「フラッフィーフレンチトースト」が大人気です。

やっと席についた娘と私は、
まず季節の紅茶をオーダー。この日は「桜」の紅茶でした。
サクラフレーバーがほんのり香る、酸味ある爽やかな味わいでしたよ

そして本命のフレンチトーストの登場~
かなりのボリュームだけど、フワフワの食感ですごく軽い!
この分量もペロリと食べられちゃいます。
なんでも、卵液をさっとくぐらせる程度にして焼くからだそう。
お供のメープルシロップやバターも美味しかったです。

●フラッフィーフレンチトースト


意外に重かったのが、娘がオーダーしたパンケーキ。
レモンとリコッタチーズの味付けが苦めな大人の味でした。

●レモンリコッタパンケーキ


ほかの来店者は、
マフィンに卵をはさんだ「クラシックエッグベネディクト」を
頼んでいる人が多いようでした。
やっぱり朝食には甘くないものも1品ほしいのかも。
(お隣の2人は「ベーコンが美味しい」と言っておられました)

高級ホテルの朝食のようなお値段なので気軽には来られませんが、
もし次トライできたら、
サワークリームで食べる「パンプキンワッフル」を試してみたい。
(仕込みに3日もかかる逸品とのことです

スイーツブレックファストは9~16時のメニューですから、
混雑を避けるなら、きっと平日午後のティータイムが狙い目だと思います


この日の夕方、ホテルが靖国神社の近くだったので、
九段下の人気ベーカリーカフェ「ファクトリー」に寄ってみることにしました。

しかし、店内はすごい人で、パンはほんの少し。
残りパンを少し買えただけでした

それもそのハズ、靖国神社って、東京有数の桜の名所だったんです
人並みに流されて境内に入ってみると、そこには…



東京の桜開花の基準となる標本桜がありました


パンはほとんど買えなかったけれど、珍しい桜が見られたので満足、
ということにしておきますか