sitemap

vol.10  山本香織さん その3

Oi-pan interview パン屋さんの「なんでパン?」をうかかがいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA●山本香織さんのプロフィール
’84
年 生まれ、石川県寺井町出身。県内の調理師学校を卒業後、印刷会社に1年余り勤務。金沢 市の「ラ・フィセル」(現在の「パン屋たね」)での約3年半のパン職人修業を経て、神戸へ。デリカテッセンの「メツゲライ クスダ」に2年間勤務したのち、パンを焼きたいという気持ちがおさえがたく帰郷。2011年、オープンまもない長町の「ひらみぱん」のベーカリー担当とし て働くことに。2012年10月10日に独立。念願の「パン屋 こくう」を玄米雑穀のお店「てんてん」内に開業。
<
ブログ> http://cokuu.exblog.jp/

 

その3

独立は突然に

―    いろんな出会いでパンへの情熱が復活してからは、神戸でもパンを作っていたんですか?

山本・・・それが、神戸ではパンを作る時間がなくて。そのうちだんだんあせりも出てきて…。
当時、神戸マルシェなどのイベントで、店舗を持っていない人がパンを販売してるのをみて「こういう形なら、私にもやれそう」と思ってましたから。金沢でも小規模ですが、自然食のお弁当屋「ムシャリラ・ムシャリロ」さんたちが先駆けてやってたんですよ。
それで、私も一緒に何かやりたくなって、2年間の神戸生活にピリオドを打って、地元に戻ったんです。

―    神戸から帰って、すぐに活動し始めたんですか?

山本・・・1カ月後ぐらいに最初に声をかけてくれたのが「ムシャリロ」さんでした。バレンタインデーのイベントのケーキ作りをきっかけに、お菓子やパン作りを本格的に再開しました。そしたらギャラリーカフェの「工人」さんも声をかけてくれて、土・日曜限定でお店にパンを置いてもらうようになりました。

―    「ひらみぱん」で働きはじめたのも、その頃?

山本・・・そうです。知人の平見さんがパン屋さんをオープンしたと聞いて、訪ねてみたら「パンを焼いてくれる人探してるんだよ。手伝いに来てくれない?」と言われて。急遽働くことになりました。

―    まさにとんとん拍子ですね :-D  そういえば、平見さんとお話した時、「オープン直後はてんてこ舞いだったから、かおりちゃんが入ってくれてとても助かりました。ひらみぱん1期の柱のひとつは、”かおりちゃんパン”だったんですよ」って言っておられました。

山本・・・平見さんはそれ、よく言ってくれました。ありがたいことです。

―    ここで1年半ぐらい働いてから独立したんですよね。その間に開業準備を着々と進めていたんですか?

山本・・・いや全く(笑)。「ひらみぱん」でお店の運営をみながら、「自分はパンを作ることはやってきたけれど、経営なんてできるんだろうか」とすっごく不安になってしまって。「私に独立なんて絶対無理だわ」って、心が折れてしまってたんです。

―    かおりちゃんは、いつも自分のポテンシャルを客観的に見てますよね。そしてこの先どうすればいいのも。見極めたら、パッと行動しちゃう。

山本・・・いえ、何も後先考えずに行動しちゃうところが、私の悪いところなんです。

―    悪くないですよ~。それぞれの場でそこだけでしかできない経験をちゃんとしてきているし。
「たね」→「クスダ」→「ひらみぱん」→独立。って傍からみると着実なコースに見えるけど、かおりちゃんの中ではいろんな心の揺れがあったんですね。

山本・・・他の人には「満を持しての独立」という感じにみえるかもしれませんが、実際はそうじゃないんですよ。

―    じゃあ、お店「てんてん」の一角にオープンしたいきさつは?


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 


山本・・・「てんてん」にはお客として通ってて、奥さんに「いつかはパン屋をやりたいんですけど」って夢を語ってました。私が何にも決めずに「ひらみぱん」さんを辞めて途方に暮れてたら、「お店の一角が空いてるから、ここですぐにでもパンを焼きなさい。このままじゃ社会復帰できなくなるから」と言ってくださって…。その言葉通り、翌日からパンを焼き始めました。最初はなかなかいいパンが焼けなかったですけどね。

―    相当プレッシャーみたいなものがたまってたんですね。

山本・・・「パンを焼くのが嫌いになったわけじゃないのに、この気持ちはいったいなんなんだろう」というのはありました。でも、パンを焼き続けているうちに「あ、私、パン焼いていいんだ!もっとパンを焼きたい!」と吹っ切れてきて。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


―    「自分の思う通りに焼いていいんだ!」と心が開いたのかもね。

山本・・・そうかも。自分の身の丈に合ったスタイルで、生活できるだけの収入があればそれでいいんだぁ」って。今まで張りつめていたものが一気に解放された瞬間がありましたね。
ひとりでやるからには自分でちゃんと責任を持ってやらなきゃいけないし、できないことはできないってちゃんと言えるようになれたと思います。だから今は全然無理せずにやってる感じです。



(つぎに続きます!)