sitemap

vol.10  山本香織さん その4

Oi-pan interview パン屋さんの「なんでパン?」をうかかがいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ●山本香織さんのプロフィール
’84
年 生まれ、石川県寺井町出身。県内の調理師学校を卒業後、印刷会社に1年余り勤務。金沢 市の「ラ・フィセル」(現在の「パン屋たね」)での約3年半のパン職人修業を経て、神戸へ。デリカテッセンの「メツゲライ クスダ」に2年間勤務したのち、パンを焼きたいという気持ちがおさえがたく帰郷。2011年、オープンまもない長町の「ひらみぱん」のベーカリー担当とし て働くことに。2012年10月10日に独立。念願の「パン屋 こくう」を玄米雑穀のお店「てんてん」内に開業。
<
ブログ> http://cokuu.exblog.jp/

その4

そこにはいつもパン

―    働いたお店以外で、かおりちゃんが最も影響を受けたパン屋さんってあります?

山本・・・やっぱり「チクテベーカリー」です。

―    あ、そうでしたね。どんなところに?

山本・・・雰囲気もパンも。特に天然酵母で作っているパンが、粉の味わいがすごくふわっと際立ってた。このお店ではじめて天然酵母のパンを食べたので、「今まで食べてたパンと全然違う。パンってこんなにもおいしいものなんだ」って、すっごく憧れるようになりました。

―    それが女性スタッフだけのお店だったというのもね :-o

山本・・・そう。「女の人もパン屋さんできるんだ」と思った。

―    私もお店に行ったことあるし、雑誌でもよく見かけますけど、すごくストイックにやっておられるという印象があります。パンは女性っぽくて繊細というより、ずっしり詰まった重量感のある武骨な印象を受けたなぁ。

山本・・・そうそう。「めっちゃ重いのにしっかり焼けてる!」みたいな。私はどちらかというと、そういう男性的な面に憧れますね。「フワフワなパンより、こちちがいい」って。お取り寄せもしたことがあるんですが、包装もさりげないのに、どこかかっこいいんです。

―    そうそう!シンプルで媚びてないところがいい。

山本・・・そういうの、本当に好きです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

―    かおりちゃんもふんわりと優しい印象だけど、芯はとってもしっかりしてて、一旦思いこんだら引かない強さがあるよね。独立までの急展開はすごいかったし。実はせっかちな人?

山本・・・いや、私はあせったり急いだりするのがすごく嫌いです。これまでのことは自分ひとりではやれませんでした。まわりの人たちが引っ張ってってくれたんです。

―    だとしたら強運の持ち主ですよね 8-O

山本・・・ほんと、何かに導かれてるような気がします。自分がどうしていいかわからなくなった時は人に相談して、ヒントをいただいて、「あ、この道に行けばいいんだ」とわかったりすることがよくあります。

―    人は「何かアドバイスしても取り入れてくれないだろうな」と思ったら、何も言ってくれないですよ。ちゃんとアドバイスを聞いてくれるかおりちゃんの素直さが、いい意見を引き寄せてるんじゃないかなぁ。

山本・・・あ~そうなのかな。いろんな人がいいアドバイスをしてくれます。それを一気にはできないから、メモしておいて後で読み返して実行したりしています。

―    それはいいなぁ。私も見習おうっと。最後にありきたりな質問ですが、かおりちゃんにとってパンとは?

山本・・・私はみんなが笑ってる顔が好き。だから、パンはみんなを喜ばせる手段かな。一時期は「パンじゃなくてもいいのかも」と思ったこともあったんですが、今はパンです。

―    かおりちゃんにとっては、人の喜びが自分の喜びになんだね。

山本・・・パンをはじめて作った時、友だちに持って行ったらすこく喜ばれたんです。「パン屋になりなよ」と言われて、「じゃあパン屋になろう」と調子に乗ったまま、ここまできてしまいました。それからパンを通じて、いろんな人とつながって、普通なら会えない人にも会えたり、友達になれたりしました。そこには「いつもパンがあった」んです。

―    それは私も感じます。パンって不思議ですよね。パンの話で盛り上がれる人とはどこか感性も通じ合うところがあったりするし。

山本・・・そうなんですよね。私は実はすごく飽き性で、最初はパン作りをこんなに続けることになるなんて思ってなかった。「パンのおかげでここまでこれた」というのがありますね。しばらくぶりで会った人も「パンを作ってる子だよね」って覚えてくれたりするのがすごくうれしくて。やっぱり、パンに支えられてますね。パンのおかげで「今日もがんばろう」という気になれるんです。

―    パンってすごい!最後のほうは泣きそうになった :cry:  いいお話をありがとう、かおりちゃん。


(かおりちゃんのインタビューはこれで終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうごさいました)